今朝起きたら展示会の葉書の残りが10枚くらいテーブルの上に載っていた。

どこから出してきたのだろう?
夫に尋ねると、

「僕が作ったんだよ。」

「!!!」

一瞬固まったが、話をあわせた。
「ふぅ~ん、たくさん作ったのね。」

何故自分が作った葉書だと思ったのだろう?
彼の頭の中で何がどう繋がったのか、
わからない。

だいたいこの葉書はどこから出てきたのだろうか・・

先日は息子が自室にしまっておいた友人からの寄せ書きがリビングの大切なものを入れる引き出しに入っていた。

朝早く目が覚めて所在無い夫はあちこちで活躍しているのだろうか。

再び子供たちに大切なものはきちっと片付けるように言った。

実家では判子がひとつ行方不明になっているらしい。
出来なくなった事 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示