遠来の客

2017/01/19 Thu 12:53

お正月6日、朝いつものように実家に着いて間もなく電話が鳴った。
父の古い友人Nと名乗ったその人は、今日これから父を訪ねて行きたいと言う。
突然のことに何と答えてよいかわからず、そばで電話のやり取りを聞いていた父に受話器を渡した。
間もなく父も電話の主を認識出来たようで、N氏が午後訪ねて来ることになった。

父の古い友人、久しぶりの来客、どんな対応をしたらよいのだろう、父にあれこれインタビュー。

父の大阪赴任時代の知り合い、父よりもみっつ、よっつ年下、50~60年近く前に父が就職の世話をした記憶がある、。
父も何故突然やって来るのかはわからない。
現在は大阪に住んでいると思う。(確かに電話の主はこてこての関西弁だった。)
おもてなしはお茶とお菓子ではなくてお酒を出して欲しい。
お客さまは今日、3時にやって来る。

こんなところが父から得られた情報だった。
ひとまず、買い物に出てお酒と肴、簡単な料理の準備をして客人を待った。
その間も父はあれこれ当時のことを思いながらN氏がやって来る訳を探していた。

3時過ぎにやって来たN氏はかなりの高齢と思われたけれど、矍鑠とした紳士であった。
リビングにお通しして会話が始まる。
まずは定石通り、
久しぶりだね、元気だったかな、今はどうしておられる、ご家族は?
お互いの近況を語り合う。

父が尋ねる。
『奥様はどうしておられる?』

N氏、
『早くに家内を失くしましてね、・・・。』

『それは・・大変でしたね、・・』

暫くして、短期記憶の怪しい父がまた『奥さんはお元気かな?』

私が料理やお酒を準備、並べている間に少なくとも父は4回、同じ質問をした。
2度めの時にN氏はちょっと戸惑った様子は見せたけれど、さっきとは違う言い方で奥様が亡くなられたことを伝えた。
3度め、4度目、微妙に言い回しを変え、新たな情報を付け加えて奥様の話しをした。
私はN氏の気遣いを感じた。
父が同じ質問を繰り返していることに気づかないように気遣っているのだと思った。

実は朝、母のヘルパーさんに
父にお客さまが来る!!
どうも父とそんなに変わらない年齢らしい!!
大阪からはるばるやって来るらしい!!
と話すと、『凄い!!それは楽しみですね。』と言いながらも
『大丈夫でしょうか・・。』
来ることは出来ても帰れないお年寄りのトラブルをたくさん見ているヘルパーさんは高齢の来客をちょっと心配していた。
私も、『う~むぅ、確かに・・・』

しかし、87歳というN氏にはそんな心配はいらなかった。
突然の訪問の訳を彼は語った。
毎年受け取っている父からの年賀状が今年来なかった。
(そう、今年父は昨年200通書いた年賀状を一気に60通に減らしている。)
何かあったのではと心配になった。
彼は今引退して毎日ゆっくり暮らしている。
それは昔父が仕事を世話してくれたおかげである。
ずっとそれを伝えたいと思っていた。
それで、今朝新幹線に乗って大阪から父の家にやって来た。

2時間ほど、昔話しをしてN氏は帰って行った。
帰り際、父が『お元気で、』と差し出した手を握って涙ぐんだ。

マルックス6429

夫が若年性アルツハイマーと診断を受けて以来、私達家族の形は大きく変わった。
それは生活の隅々に行きわたり、このブログに綴って来た。
そ中のひとつに友人たちへの不義理がある。

    不義理

夫の病気を理由に、口実にしていろんなことをおろそかにして来た。
自分の中にいろんな思いがあって、元気な友人たちと相対するのが億劫だったんだなと思う。

お正月に訪れた父へのお客様が教えてくれたこと、
私も高齢になって新幹線に飛び乗らなくて済むように、懐かしい友人たちに連絡を取ろうと思う。
まだ、実家通いで時間がままならないけれど、今年は沢山の大切な友人の顔を見に行こう。

そんな今年最初のブログです。
今年も無理せず書いて行けたらと思います。
どうぞ見守って下さい。


認知症家族の思い | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示