スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

死なないよぉ~

2015/12/15 Tue 13:23

夫が亡くなってすぐの頃、初めての経験ばかり、
手引きを読みながら、いろんな書類集め、手続き、連絡、
 走り回った。

夏前にちょっと段落して夏休みに入ったのが間違いだった。
夏が終わり、秋、冬のガラスのイベント準備が始まって、つい残った手続きを後回しにした。

残った手続き・・・、ややこしいから残っていた訳で・・・
12月半ば、最後のイベントの搬出を終了、今まさに、残った夫関係の仕事に襲われている。

あ~めんどうくさい!!
年内になんとか・・
  う~ん、出来る気がしない。

『ど~して死んじゃったのぉ~?
  私をこんなひどい目に遭わせて、まったくもぉ~!』

夫の写真に呪いの言葉を投げかける。
写真の夫は笑顔のまま、
答えない。

認知症と診断を受けて3~4年経った頃だった。
会話のキャッチボールがそろそろ怪しくなって来た頃、
夕食後夫はソファにごろっと横になってしばらく、うとうとし始めた。

『パパ!まだ寝ないで、起きて。』

生返事はするけれど、夫は目を開けてくれない。

まだ、歯も磨かなくちゃだし、パジャマにも着替えて欲しい。

『お~い、起きてくださぁ~い。』

反応なし。

ちょっとふざけてみた。
ドラマのシーンのように、夫に取りつき揺さぶる。

『死なないで! パパぁ~!死んじゃいやぁ~!!』

すると夫ののんびりした声が聞こえて来た。

『しなないよぉ~、しなない。』



夫が亡くなって半年以上が過ぎた。
彼が家に居ないことには慣れているけれど、
 生活の場面・場面で彼を思う。




<むぎのお父さんはマルチーズなので、放っておくと毛がぼさぼさになる。
  月に一度のトリミング、before after>


認知症家族の思い | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。