午前1時過ぎに、

2015/04/28 Tue 10:38

今日、夫が亡くなった。
余りに急な展開に心が追い付かない。
あっと言う間の3日間、言葉が見つからない。
言葉を探すと張りつめた気持ちが砕けてしまうので、今は蓋をしっかり閉めている。
まずは目の前にあることとひとつ、ひとつ向き合って行くだけ。

夫は住み慣れた施設の自分の部屋に居る。
施設でお別れ会をして送って貰うことになる。
私が望んだ施設でのお別れ会だけれど、、
こんなに早くやって来るとは。
ただ、ただ、寂しい。

出来なくなった事 | コメント(7) | トラックバック(0)
コメント
あまりに突然のことで、ただただ驚いています。
2月から通い始めたデイの誕生会で、この上の階にいらっしゃるんだと思ったのが、つい3週間前のことでしたのに…
お母様の介護もあり、いろいろな段取りも大変だと思いますが、どうぞお身体にお気をつけください。
ご冥福を心よりお祈りしております。
No title
突然の訃報に驚きました。
突然すぎます。
どうぞ、気を落とさずに。
ご冥福をお祈りします。
No title
突然のお別れにびっくりしています。
心よりお悔み申し上げます。

木曜会など家族の会にお出かけになっていらっしゃった頃が思い出されます。

初めてのコメントがお悔みになってしまいました。
よくご主人様に尽くされましたね。
No title
あまりにも..突然で..。
何と申し上げたらいいのか..言葉が見つかりません。
どうぞお気を落とさずに..。
ご冥福を心からお祈りいたします。
No title
町田市で若年認知症の友人を支援していたものです。スリブリさんのところからご紹介いただいて、7年ほどになりますがずっと訪問させていただいていました。

友人は亡くなりましたが、皆様と重なり、書き込まれるお心にふれるたび友人に思いをはせることが出来ました。ありがとうございました。

きっと、ご主人様はこれからも側にいてずっと、生き生きと話しかけてくださると思います。肩の上にいて、または手のひらの中で、時々は耳元で・・・

元気な声で、変わらずに話しかけてくださると思います。

初コメントが、このようなことになりましたが、
ありがとうございました。


No title
すべての記事を欠かさず読ませていただいておりました。
ご主人様どうぞ安らかにお休みになってください。
何故か最初から読みたくなってまた遡って読ませていただいております。子どもたちの年齢もうちと似ているので時々登場する彼らのこともいつも感心しておりました。
nobiさん、ご主人にとてもつくされましたね。ご主人は幸せだったと思います。
No title
とても驚いています。
何故?
前のブログでよい車椅子を買ったと思っていたのですが・・・
とても言葉が見つかりません。
ご冥福を祈っています。

管理者のみに表示