スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

奇跡!カム!

2014/10/23 Thu 18:18

『パパ!奇跡を起こそうよ!!』

『ふむ。』

『momoさんのとこも、スリブリさんちも奇跡ザックザクだよぉ~』

『ふむ・・ぅ・・・。』

夫に会いに行くと必ず言ってみる。
夫は毎回頷いてくれる。
けれど、残念ながら未だ報告できるような『奇跡』は起こせずにいる。

7月の退院後、夫の状況は悪化した。
だって、11日間もベッドでずっと過ごしたのだからしかたない。
入院前は歩行器で療法士さんと歩く訓練をしていた。
30m歩いたと報告も受けていた。
けれど、今夫は一瞬立つことも難しい。

排せつもトイレに行けずにベッドの上でのおむつ交換になってしまった。

食事に関しても、一時は飲み込みも悪くなって、夫はこのまま食べることを忘れてしまうのだろうかと心配した。
口元にスプーンを持って行っても口を開けず、無理やりスプーンで口をつつくと上を向いて仰け反ってしまう。
それでも無理矢理口に入れると噛もうとはせず、口の中に溜めこんでしまう。
特に水分は口に含んでも河豚のようにほっぺを膨らませたまま、飲もうとしない。
そして、咳でもしようものなら・・・・
(><)
そんな訳で夫の食事は刻み食になった。
刻み食は文字通り、みんな刻んであるので、元のメニューが何なのかわからない。
それぞれの料理がそれぞれのお皿に載ってはいるけれど、
みんな細かく切ってあるので、みんなおんなじに見える。
目ではとても美味しそうには見えない。
でも数回噛めば飲み込むことができる。
それがよかったのか、少し涼しくなった頃から夫は噛むことを思い出した。
最近でもたまに口を開けないことがあるけれど、それでも大抵完食することが出来る。

私としてはそろそろ普通食に戻してもらいたいけれど、刻み食の方が食事時間が短縮できるのは事実。
一人の職員さんが何人もの当事者の方に一匙ずつ食べ物を運んでいるのを見るとちょっと言い出しかねている。
私が食事の介助に行ける時だけでも戻してもらおうかなと思う。

glass.jpg

秋はガラスのイベントが多いので、毎年走り回っている。
今年もそれは同じ。
けど、去年の今頃夫が歩けなくなり、あんなに大変だった時期に頑張れたことが今年は全然気持ちがついて行かない。
夫が入所してもうすぐ一年も経つのに未だ抜け殻状態から脱出できない。
解決してくれるのは時間しかない、今までの経験から知ってはいるけれどちょっといい加減に抜け出さなくては。

そろそろ奇跡、起きてもいい頃だと思う。


出来なくなった事 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
奇跡は、おきますっ!
絶対におきますっ。祈ってます。
No title
ありがとうございます♪

また、ご報告しますね。
お久しぶりです
ガラス、きれいですねぇ・・。初めてお目にかかった時、「私はガラスがあるから生きていけるの。10月が一年で一番忙しい月なのよ。」と言われたのを思い出しました。

あれから・・5年?お互い、あの頃は想像だけだった生活が、現実のものとなりましたね。

奇跡、奇跡と時々騒いでは見るものの、「間違いだったの!」「完治!」と言う本当の奇跡は、とうとう起きることなくここまで来ました。

昨年頑張れたことが今年は出来ない、と言うのは、きっと年のせい・・だって、お互い、還暦過ぎたんですから。私も、いろんな事をこなして行くのが、年々しんどくなってきて、無理は禁物を肝に銘じています。

でもねぇ、そんなに食べられなくなっていたのが、普通食まで回復したって・・・・やっぱり、奇跡!ですよ。

私から見たら、「ふむ・・ぅ・・」と答えて下さるのも、奇跡!


きてます、きてます。
No title
momoさん、こんばんは。

あれからもう5年ですか~、
メグちゃんと一緒に駅まで迎えに来て下さった日を思い出します。
夫をデイサービスに送り出し、急いで電車に飛び乗ったあの日。
初めてお会いしたのに話しが尽きなくて、でも4時半が期限のシンデレラ、また慌ただしく帰って来たのでした。
あれからもいろんなこと・・・、ありましたね。

仰る通り、一時は食べることをこのまま忘れてしまうのかと怯えましたが、復活できたこと、これは奇跡かもしれません。

momoさんもこれから忙しいシーズンですね。
時間が出来たらまた遊びに行かせてください。
楽しみにしています。
(^^)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。