スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

近況

2014/05/11 Sun 12:22

夫の施設で疥癬が発生し『面会をご遠慮ください。』との連絡を受けてひと月近い。
なので、夫の近況は・・・わからない。

夫自身は疥癬には感染していなくて、特に連絡をしなくてはならないような変化もない、ようだ。

最初の2週間は夫に忘れられてしまうのではないかと心配した。
でも、今の夫の脳の伝達速度を考えると一週間が一日くらいかなと思い直した。

でもこれだけ夫の顔を見ないと、今度は私が夫を忘れてしまいそうな気がしている。
今は終息宣言が出るのを待つしかない。





面会禁止が解けて夫に会ったら報告することがたくさんある。

いちばん心配なのは、叔母(母のすぐ下の妹)の肺炎。
突然の知らせだった。
風邪を拗らせ入院したものの、原因菌が特定出来ないので薬も決められない。お医者様も首を傾げて、今は本人の体力が頼り、ということだった。
2週間以上経っても重篤な状況はあまり変わっていない。
独り身なので、もう一人の叔母(末の妹)がずっと傍に詰めている。
私の役目はこの末の叔母をケアすることだと思っている。

そんな中、母の不正出血(今は治まっている)、
私も右足指の付け根にPCのキーボードを落とし、腫れと痛みで靴が履けない。
娘のひとサイズ大きな靴を借りてガバガバと歩いている。

いつも私達家族のために心を砕いてくれる義姉も坐骨神経痛に肩の痛みが加わり動けずにいる。

父は税務署から修正申告をするようにと通知を受けて、いたく傷ついている。
確定申告時に今年から徴収の復興税の計算を忘れた、いえ、知らなかったことにショックを受けている。
たった一週間以内に修正申告をして差額を納めなくていけないという通知書、88歳父は修正申告の書類を手に入れるだけでも困難。もう少し余裕を持って通知して欲しい。お役所仕事です。
年寄りが新しいことをするのは難しい。きっと今年はこういうお年寄りがたくさん居るだろうと思う。

娘も体調がすぐれず、今、周りでひとり元気なのは息子だけ。
娘の言う通り、息子に何か『わざわい』が降りかからないうちにお祓いに行った方がいいかもしれない。

と、今仕事で出かけた息子から『定期忘れた、orz』とLINE。
これで、彼にも災難が降りかかったこととカウントしておこう。
往復1000円以上の出費は貧乏な彼にとって致命的だ。

認知症家族の思い | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。