スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

背中を押す力(2)

2014/01/29 Wed 09:22

ショートステイに出かける朝、お迎えの車に夫が車椅子ごとリフトで乗り込んだ後、お迎えの職員さんが私に言った。

『奥様・・、これは、・・もう・・無理じゃないでしょうか?』
『・・お家ではどうしてらっしゃるんですか?大変でしょう?』

  !! ・ ・ ・ ・

   『・・無理?・・・・』

なんと言ったらいいんだろう?
衝撃!というようなパワーでもなくて、
目から鱗、というほどはっきりした感じでもなくて・・、



窓ガラスに当たった雨粒がす~っと流れていくような感じ?
うまく言えないけれど、

すごく自然に、
『そうか、無理なんだ。』私は思った。


夫が診断を受けて以来、それはそれはたくさんの人に助けられた。
私を支えてくれる人達はみんな夫が一日でも長く家族と家で暮らせるように知恵を絞り、それを実行してくれた。

私は『がんばらない。をモットーに出来ることを無理なくやって行きます』、なんて口では言ってたけど、
がんばらずに介護なんて出来るわけもなく、出来ないことも無理無理やって来た。
みんなそれを知っていてくれたからこそ、応援してくれた。

私はひとりじゃなくてみんなに支えられてがんばって来た。
まだ大丈夫、みんなそう言って励まし力を貸してくれた。


『無理』

なんて言われたのはきっと初めて。

そうか・・、無理なんだ。

その『無理』と言う言葉が妙に腑に落ちた。

数日後、私は特養の申し込み書をポストに投函した。



sagamiono141.jpg


主たる介護者のあなた、『まだ頑張れる。』そう思うのは勝手だけれど、あなたが頑張れば病気の当事者もその他の周りのみんなも頑張らなくちゃならない。そろそろその事に気づいてもいい頃だと思う。

特別養護老人ホーム | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。