スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

iPhone 水没

2013/05/30 Thu 18:29

部屋を出る時、母がテーブルの上に置いたiPhoneを手に取るのが見えた。
一瞬迷ったけれど、タオルをしまって来るくらい大丈夫とそのままにした。
タオル置き場の整理もしてから戻るとiPhoneはミルクティーのカップの上に蓋をするように置かれていた。

  !!!

すぐにiPhoneを手にとると頭のカメラ部分が濡れていた。
カップの中にはミルクティーが半分くらい残っていた。

やってしまった。

父は
『手の届くところに置いたのがいけないね。』と、言いその後に
『僕の奥さんのしたことだから、僕が新しいのを手当てするよ。』と加えた。

もちろん母の手の届くところに大事な物を置いて、しかも母がそれを手に取ったのを知りながら放置した私がいけないに決まっている。
百も千も万も承知。
では、何故すぐに取り上げなかったのか。

私は母が興味を持って手をのばし持ってみた物をすぐに取り上げたくなかったのだ。
認知症の人は何かをしようとして止められることが多い。
そう、病気が進めば、止められることばかり。

ティッシュを取り出そうとして止められる。
引き出しを開けようとして止められる。
ややこしいことをしないでじっと座っていてくれるのが、介護者にとってありがたいこと。
何かを壊されても、汚されても介護者の手間が増えるばかり、どうぞ大人しくしていて、なんにも触らないで。

病気がもう少し進む前、母は私が持って来たバッグや私の洋服にとても興味を持った。
『ちょっとごめんなさいね、』と言いながら、バッグの中をのぞいたり、私の服を着てみたりした。
普段家にない新しいものをちゃんとわかって興味を持ってくれることが私は嬉しかった。
ある時、バッグの中から携帯を取り出した母に、
『あっ、それはだめ、ごめん。』とすぐさま取り上げた。

その時の母の表情が忘れられない。
一瞬時が止まったようなその表情は私に痴呆という言葉を思い出させた。
驚いたような、申し訳なさそうな、そして何が起きたのかわからない困惑の表情。
絶望も混じっていると思う。


前にも書いた。
認知症の人は自分がおかしいことを知っている。
自分が今までの自分と違うことを認知している。
ただ、何がおかしいのか、何が違っているのか自分では分からずいつも不安をかかえている。
そんな時に突然自分が否定されたら、
初期の頃なら怒り出すかもしれない。
でも、病が進むと怒ることもできずに困惑する。
この『困惑の表情』は認知症の人に共通する特有の表情だと私は思っている。

私の夫も母ももちろん全然違う顔立ちだけれど同じ表情をすることがある。
これは同じ病気を患っているからだと思う。
そして、この表情が私はきらいだ。
夫にも母にもこんな顔をさせたくない。

私の携帯は今、電源を切ってシリカゲルの中で乾燥させている。
ミルクティーの汚れは手強い。
本当は一度真水で洗うべきだったんだろう。でも勇気がなかった。
復活しなかったとしても新しいものを手に入れれば済む。

元気な母も夫ももう戻って来ない。



出来なくなった事 | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
初めまして、いつもお邪魔しています。
お母様から、携帯を取り上げれなかった気持ち凄くわかります。
娘が最近、i Phoneを水没させて、一日後に教えてもらって、復活したので、試してください。SIMカードをはずして、穴という穴にこよりをいれて、ジプロックにいれて一日放置してみてください。お料理とか保存するジプロックです。買い替える前にお試しください。
No title
mayu さん、ありがとうございます。
お嬢さまのiPhone、復活してよかったですね。

ティーカップに浸かった現場は見ていないのですが、残った紅茶の量からSIMカードはたぶん無事だったと思います。でも、念のためにはずしました。結構力を入れないとはずれなくて、娘にやってもらいました。(^^;)

ミルクティーの油分を洗い流した方がいいらしいのですが、どこまで濡れたのかわからないのにまた水に漬ける勇気はありませんでした。
とりあえず、動かなくなるまでは使おうと思います。ホームボタンの不具合で去年の12月に全とっかえしてもらったばかりなんです。(><)
No title
はじめまして。
いつも 読ませてもらっています。
認知症のかたのGHで 働いております。

ほんとうに 悲しそうな表情を されるんですよね。
でも しっかり見てなきゃ わからない。。。

職員の中には そういう 小さな変化や表情に気がつかない人もいます。
いつも どうして わからないのかなって思いますが・・

感覚・・的な ものなんだと 感じます。
乾燥肌のクリームも 大事に思う職員もいれば 一日ぐらい塗らなくったって 大丈夫と感じる職員もいるんだと思います。

要は 感性の問題です。
わたしたち 介護者は そんな感性をもつ存在でいなければいけない と 私は考えています。

でも、実際は なかなか・・・・

特養の申込を躊躇なさっているのも よくわかります。
少人数のGHでも そのような状況ですから・・・

お母様の悲しそうな 絶望感のある 表情。
わたし 想像できます。
毎日 そんな 表情見てますから・・・

認知症って 悲しい 病気ですよね。
No title
らんさん、初めまして。

ほんとうに認知症は残酷な病気だと思います。
10年間夫を見て来てつくづく感じます。

病気はみんなつらいですけれど、認知症は本人から病気と闘う力を奪ってしまいます。
本人だけでなく支える家族のつらさも増します。

らんさんもお忙しいことと思いますがどうぞお仕事がんばって下さい。
ご活躍をお祈りしています。

初めまして
内容読んで悲しくなりました。

認知症はわからないのですが
何かを否定されたときの
お母様の悲しいかおをされたら
おなじことがあっても
あ、ダメ。って言えないですよね

お母様が興味持ったこと
大切にしてあげたいですもんね

No title
ゆめさん、初めまして。

認知症の人はだんだん表情の変化が少なくなって行くように思います。
もちろん個人差はありますが。

できるだけ、楽しい日を送ってもらいたいと思いつつ、離れて暮らしているので難しいです。
近くに住んでおられないのですね。

結構離れてるんですか?

何もできないのが悔しいです
でもほんの少しでも
お母様の病気の進行が遅れて
少しでも楽しい日が増えるといいですね。
No title
車で空いていれば、45分ほどです。
でも昼間は1時間くらいでしょうか。
スープは冷めてしまう距離ですね。
(^^)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。