スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

認知症とその家族の会支部

2008/02/16 Sat 22:52

家族会へ行った。

偶然お隣に座った方のご主人も若年性アルツハイマーということで、いろいろお話をした。

洗濯物を畳んで部屋いっぱいに並べること、濡れたものと乾いたものの区別がつかないこと、など、同じ症状に、やっぱり「病気」なんだと思う。

この方のご主人は発症してからほぼ10年、昨年から病院に入っているという。

うちは診断を受けてから3年半・・。

オムツを使い始める時にとても悩んだという。
悩むよね、確かに。

印象的だったのは、89歳の同級生のお年寄りが2人。
おふたりとも、84歳の奥様を介護しておられるという。

「みなさんは暖かくなったら、云々とおっしゃるが、われわれは春まで命があるかどうかわからん、」

ジョークなんだけど、なんだか笑っていいのか・・

その他ハードな体験談をたくさん聞いた。
私はまだラッキーな介護者だと思えた。
同じ病気の仲間 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。