スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ここの所、夫の病状は比較的落ち着いている。
ショートステイとデイサービスを半々ずつ利用するケア計画がうまく行っていると思う。

去年の3月までは、私が仕事の時だけランダムにショートステイを利用していた。
しかし、母の病状も進み父の負担は増えるばかり。
日帰りでは用が足りなくなったことを受け、夫をショートに預けて泊りがけで定期的に実家へ行くことにした。

以下は去年の3月、新たなショートステイ先への夫の状況を説明した文章である。
診断を受けて7年と半年が経っていた。
-----------------------------------------------


平成23年3月 近況
生活すべての面で、介助が必要です

*日中の生活
行動はすべてがゆっくりです。
呼びかけても反応するまでに時間がかかります。
「立って。」と言っても動かないので、嫌なのかと思っているとしばらくしてゆっくり立ち上がる、そんな感じです。
何か気になったり不安がある時はずっとうろうろと歩き回ります。
音楽を流してあげれば、メロディーをくちずさみながら静かに座っています。
音楽にだけは反応して、曲に合わせてハミングします。歌詞は出ません。

*排泄
必ず介助が必要です。
リハビリパンツを使っています。
昼間は、頃あいを見て、トイレに誘導します。
小用も座って足します。
出かける前や寝る前など、こちらの都合でトイレに連れて行っても、難しく、『あらかじめ』とか『今のうちに』という訳には行きません。
外出時は多目的トイレを使いますが、うまくできるかどうか、いつもひやひやです。
今年に入った頃から夜中にトイレに起きなくなりました。その代わり、朝リハビリパンツがずっしり重くなっています。


*洗顔、歯磨き、髭剃り、手洗い
本人は立っているだけで、すべて手伝います。
嫌がって手で振り払われることもしばしばです。
特に手を洗うのをきらいます。どうしようもない時はアルコールで拭きます。
歯ブラシを持たせて口に入れてあげれば磨く動作はしますが、同じところを繰り返すばかりで、磨けてはいません。

*食事
食事が前に並んでも食べるスイッチがはいらないと、何度うながしても手をつけません。特に外出時は一口、二口しか食べられないことがあります。
かと思うと隣のお皿にまで手が伸びて、たくさん食べることもあります。
水分をとらないので心配しています。
お皿とテーブルの区別がつかないので、食べ物をテーブルの上に並べてしまいます。不衛生にならないように、いつもプラスチックのシートを敷いて直接テーブルの上に置かないようにしています。外食時もこのランチョンマットを持って行きます。

*薬の服用
薬の管理は全くできません。
薬を水で飲むことができません。
錠剤を手渡しても自分で口にすることができないので、口を開けてもらって錠剤をほうりこみます。口に入れてがりがり噛んでいます。

*衣服
すべて手伝います。ひとりではジャケットを着ることもできません。
靴を履いたり脱いだりがスムーズにできません。

*外出
手を繋いでいないとすぐに方向を見失い迷子になります。他所の人の後を平気でついてスタスタ歩いて行ってしまうので、外出時は決して手を離すことができません。
乗り物で座ると立てなくなったり、つり革から手を離さないなど、目的地で降りられないこともしばしばです。そうかと思うと、電車が止まる度に降りようとしたりします。
バスなどは、乗り口のステップを上がったところで、椅子と勘違いして座ろうとしたりします。またバスの一人用の座席は小さすぎて、体をいれることが出来ません。
乗用車でも車種によって、乗り降りが難しいです。
公共の乗り物での外出が難しくなりました。
一歩玄関を出たら一人ではもう決して戻れないので、外へ出て行かないように細心の注意を払っています。

*買い物、金銭の管理
全くできません。

*読み書き
できません。

*入浴
誘導しないと、湯船の場所もわかりません。体を洗うこともできません。気をつけていないと、風呂の栓を抜いてしまいます。もちろんひとりでは入れません。
入浴は大好きで拒否はありません。

*就寝
夕食後、すぐに眠くなってしまうので、なんとか9時まで起こしておきます。最近は5時くらいまでは眠ります。
布団に横たわる時に頭の位置がわかりません。布団と直角に寝ようとすることもあります。
寝る時には位置を示して横たわらせてから布団をかけます。

*他人とのかかわり
親しい人たちと居る時には笑顔になる時もありますが、返事はできません。自分から発話することは滅多にありません。久々に会う兄弟の顔もわからないようです。

*会話の理解
話しかけても、反応がないことがしばしばあります。

*その他
急かされるのを嫌います。また、力ずくで行動させようとすると不機嫌になり動かなくなります。
寝る時に、布団の上の位置を決めてあげないと上手に横になることができません。

自分の動きをコントロールできないので、車の乗り降りや、どこか決まった場所、特に狭い空間に体を収めることができません。
乗り物では必ず席を譲られるのですが、せっかく譲ってもらったのにその席に座れず、他の人の上に座ろうとしたりします。レストランの和室で畳に座ることができず、帰ってきたこともあります。
先日はデイサービスの後部座席から降りられなくなり、10分ほど悪戦苦闘しました。

今のところ、幻覚やせん妄などはなく穏やかです。

                           2011/04/01 記


---------------------------------------------

読み返してみると現在とほとんど変わりがない。
大きく違うのは電車やバスでの外出が出来なくなったこと。

これは出来ないというよりも、私の気力がなくなったという方が正しいかもしれない。
思い切って出かければ夫はきっと楽しい時間を過ごすだろう。
わかっているけれど、その前後の私の様々な負担を考えると出かける勇気が出ない。
もう一年以上夫は電車に乗っていない。

もう、乗ることはないかもしれない。


     
2011年診断後7年 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
No title
こんにちは。
今日はデイサービスに行きました。本当は楽しくないのですが、迎えにくるスタッフに話しかけられると妻は笑顔になります。
外で手を繋いでいないと、同じように他人の後ろから普通について行きます。お茶の水駅周辺や病院で何度も探しまわりました。外出しても全く私に注意が向いていないようです。先だって何度か新御茶ノ水のエスカレーターで転倒しそうになりました。手だけベルトを掴んで足が出なくて前に倒れそうになったり、また足だけ大股で前に出して後ろに倒れそうになったりと危なくなってきました。最近は電車やバスで前に立つと席を譲られることが多くなりました。しかし1人幅の席では上手く座れません。必ず隣りの人の上に座ったり手を付いてしまいます。そうすると、必ずその人は私のために席を譲ってくれます。
何度か排泄の失敗はしているのですが、まだリハビリパンツなしで頑張っています。失敗した時に、勧めたのですが涙ぐんで着けたくないと言うので止めています。女性として最後のプライドなんでしょうね。49歳から通院始めて、現在59歳。妻より、私の方が先にダウンしそうな気がしてきました。
なかなか自由な時間はないと思いますが、柏の家族会にも遊びにきてください。また、若年のデイも準備中です。
それでは、また。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。