スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

断捨離

2012/08/23 Thu 18:05

夫はショートステイに行っている。

先月からほぼ一週間ショートステイ、一週間在宅でデイサービス、という暮らしになっている。
夫が在宅の時は夫に専念、夫がショートステイで不在の時は実家へ行って母を看るのが基本。
それでもだいぶ自分の時間が出来た。
体も気持ちも楽になった。

  はず・・・。

診断から8年、たまりにたまった生活の澱、
私自身の断捨離を始める時、

  のはず・・・。

しかし、私の断捨離の前に立ちはだかる夫のわけわかんないもの、もの、もの。
もう使わないだろうと思われるものはすこしずつ処分して来た。
そして残ったのが大量のLPレコードとコンピューターや周辺機器、光ディスク、本。

診断直後、まだ分かるうちにせめてPC関係のものを整理処分して欲しいと喉まで出掛かったけれど、大量の機器、機械たちは夫の老後の楽しみであることを知っている私には言えなかった。

夫の本も山のようにある。
夫は本を大切にした。
丁寧に扱い、折り傷など決してつけなかった。
私が読みかけのページを開けたまま伏せて置いたりしていると栞を挟んで置き直してくれた。
夫がどんな本を読んでいたのか、子供たちにも知って欲しい。
今、彼らにはその気がないのはわかっているけれど、いつか・・。

いつだったか、夫に「もう、レコードは処分しませんか?プレイヤーも回らなくなったことだし。」
と言ったら、
「だって、一生懸命集めたんだよ。」と返事が返って来た。
それは私の問いかけをきちんと理解したしごくまともな返事だった。
当時の夫の能力を超えたまともな返事だった。
それ以上何も言えなかった。

夫が大切に集めたもの、目の前に夫が居るのに捨てられない。
元気だったら、夫が元気だったら捨てられるものが捨てられない。

そんな類の決別できないものがたくさんまだ残っている。
でもそろそろなんとかしなくちゃ。

この秋のガラスのイベントが終わったら、
  と、また先延ばしにして夏休みが終わって行く・・・。

DSC02488.jpg



診断を受ける前 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。