スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

充実の50代

2012/07/09 Mon 19:03

夫の様子が何だかおかしいと感じたのは私が50代に差し掛かる少し前辺りだった。

そう、今からほぼ10年前
子供たちも夫も帰りが遅い。
私には自由な時間ができた。
友達とあちこち楽しくお出かけ、
帰り道にはデパ地下で美味しいものを買って手抜き。
生活にもちょっとゆとりができて、新しいお稽古事を始めてみる。
そろそろ、好きなことだけして暮らしてもいい年頃になったかな?
なんて親しい友人に当てた年賀状に書いた記憶がある。

それがまさかの若年性アルツハイマー
状況は一転した。
当時、そんな病気があることさえ知らなかった。
若年性アルツハイマーにどっぷり浸かり、
若年性アルツハイマーだけと、暮らして来た気がする。

そして、いつの間にか、
私の実りの(はずの)50代は後一年足らずで終わろうとしている。
ずっと夫の病気に振り回され、あっと言う間の10年だった。
夫さえ病気にならなければ、もっといろんな事ができただろう。
いろんな物をあきらめて来た。
夫の病気のせい。
私の実りの50代、返せぇ~!!



と、言ってはみたけれど、
夫の発症とほぼ同じ頃に始めたとんぼ玉。
なんだかんだ言って続けて来れた。

これは今私の一番お気に入りの玉。

私の50代、若年性アルツハイマーと戦っただけじゃない。
ちゃんと形になることもやって来た。
と言うか、とんぼ玉があったから、とんぼ玉に助けられて、やって来られたかもしれない。
この年になってもまだ上手になれる気がしてる。

がんばろ。
 
  腱鞘炎、つらいけど。
  (^^;)




認知症家族の思い | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。