スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

介護保険

2011/11/08 Tue 08:57

夕方仕事から戻るとポストにケアマネさんからの手紙と、新しく作り直された10月分の介護サービス利用票が入っていた。

要約すると、

【10月に利用した○○○ショートステイ先より連絡があり、若年性認知症受入れ加算があるのを今までは気づかなかったので、今回請求分(10月分)より加算をつけた結果、10月分は8631円の自費負担が出た。】

という事のよう。

8631円の自費負担。
それを出さないためにケアマネさんと相談してサービス利用計画を立てていたのではなかっただろうか。
それを、加算を忘れていたので、加えたら自費になりました、って、あ~そうですか、と受け入れていいのだろうか。
なんかおかしいぞ。
だって、加算がある事があらかじめわかっていたら、ちゃんと計算して、自費を出さないようにコントロールすることは全く簡単なことだった。
ほんの一週間前に連絡をくれれば、サービス内に納めることができたのに。

メニューに800円と書いてあった料理を頼み、食べた後で、サービス料の提示を忘れていたので、実は8000円でしたと言われたみたいなもの?
もう、食べちゃったし・・・

夫は現在要介護5なので、35830単位を上限に公費の援助を受けて介護サービスを利用できる。
上限単位内の利用であれば、かかった費用の10%を負担すればいい。
この単位を超えてサービスを利用すると自費で払わなければならない。

例えば、あるデイサービスへ一日行くと、

認知症通所介護     1384
認知症通所介護入浴介護加算    50

計 1434 単位になる。

夫の上限単位は 35830なので、もし、このデイサービスに毎日通うと、
25回、月に25日、介護費の10%負担で通うことができる。
その他に食事代は全額自己負担。一日800円くらい。

もし、上限を超えて利用すると、超えた単位に『単位単価』というのを掛けて、実費の計算をする。
この単位単価は施設によってちょっとだけ異なる。
だいたい、利用した単位の10~11倍くらいが自己負担費用になる。
今回は826単位オーバーしたので、単位係数をかけて、自己負担額、8631円になった。

夫と過ごす時間、できるだけ穏やかに天使の対応をするためにはデイサービス、ショートステイの存在は欠かせない。
ほんとうに有難く利用させてもらっている。
ケアマネさんもサービスを最大限利用できるように、細かく対応、計算して利用票を作ってくれる。

 でも、 

この突然の『加算を忘れていた』ケース、
なんだか納得できない。

------------
追記、

『加算を忘れていた』のはうちのケアマネでなくて、施設の事務方なのです。
前回6月に利用した時には若年加算はついていませんでした。
なので、前回利用時と同じ単位で利用計画をした、ところが、突然施設側から加算を知らされたという訳です。




デイサービス・ショートステイ | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
納得できなくて当然!
在宅のケアマネしています。
「忘れてました」では済まされない問題です。それも直接ではなく手紙でとは誠意のかけらもないと思われます。自治体もしくは国保連に苦情申し立てをされた上でケアマネは変更されることをお勧めいたします。
ケアマネとしての資質の問題です。これは普通ではありません。私も腹が立ってきました!!!
No title
あんみたんさん、コメント有難うございます。
私の説明が不十分で誤解をさせてしまったようです。ごめんなさい。
忘れたのは、ケアマネさんじゃなくて、施設の方なのです。
6月に利用した時にはなかった加算でした。
また、私の帰りが此の所遅かった事、休日と重なった事などで、ひとまず、玄関ポストに連絡として入れてくれたのです。
今、電車の中なのでまた、書きます。
誤解を与える様な
書き方をしてごめんなさい。重ねてお詫びします。
どっちにしても
私こそつい興奮してすみません。
ただ、施設の事務方が忘れているなんてあるのかしら?サービス利用時には必ず説明があるはずなのですが、ショートステイの契約書を確認してみてください。記載がなければ契約していないので払わなくていいのではないでしょうか?どっちにしても説明不足な上に自費が出ているので、今後の介護サービス向上のためにどこかにご相談されると良いと思います。
No title
ケアマネさんに施設事務方へ掛け合ってもらいました。
・今までなかった加算が突然付いたこと。
・おかげで自費が出たこと。
・もう一週間早く連絡貰えれば、自費を出さずに済んだ事。
・なので、加算は11月からにして10月は今まで通りで。
施設側は承諾してくれたそうです。

いろんな何故??は残りますが、私としては、自費がなくなったこと、これまで通り夫を預かって欲しいこと(現場の評判は近所で一番)、これ以上これに係わる時間がないこと、等々で、手を打つことにしました。

自分の仕事はちゃんとして欲しいな~、というのが今回の感想です。

あんみたんさん、いろいろアドバイスありがとうございます。
また何かあったらどうぞ相談に乗って下さいね。どうぞよろしく。
よかったです
介護されている方にとって、「苦情」はとても言いにくく労力が必要であることをサービス事業者はもっと認識すべきだと思います。料金については尚更です。今回は、こちらが「譲った」ということを理解していてくれると良いですね。ケアマネはこのような時こそ人肌脱ぐものだと思っていますのでどんどん脱いでもらってください。お疲れ様です!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。