スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

満腹中枢

2011/05/29 Sun 09:48

夕方のデイのお迎えにちょっと遅れそうなので、息子に夫を頼んで出かけた。

夫はいつもデイサービスからお腹を空かせて帰ってくる。
まだ、自分の気持ちを言葉に出来た頃、夫は帰ってくると、

『お腹空いちゃった。』と私のところへやって来た。

なので、夫が帰る頃にはおにぎりを二つ用意してある。
今日も息子に夫が戻ったらよろしく、とテーブルの上に置いて出かけた。

ところが家に戻ると、夫が食べるはずのおにぎりはテーブルの上に置いたまま。
夫はリビングをうろうろと歩き回っていた。

『も~う、頼んだのに、奴ったら。しょうがないな~。』

自分の部屋に居るであろう息子に声をかけようとしたけれど、まずは、

『パパ、おにぎり食べてないの?ちょっと待ってね、はい召し上がれ。』とおにぎりを渡した。

夫は受け取ったものの、手でもて遊んで食べようとしない。

デイから戻ったら、私が居なくて、苦手な若い男に迎えられちょっと混乱しているのかなと様子を見ていると、やがて食べ始めた。
落ち着いたようなので、『はい、じゃ、もうひとつ。』

夫は受け取ったけれど、すぐには食べようとせず、テーブルの上にじかに置いてしまった。

『え~!、そんなところに置かないで。ちゃんと食べて。』
何度か繰り返すうちに、夫はおにぎりを食べ始めた。

そこへ、息子が部屋から出てきた。

『パパにおにぎりあげて、って言ったでしょ。』
息子を責めると、

『え~??ちゃんとあげたよ。俺の分、2個。』

『え~!!??
  じゃあ、今、これ4個目????』

息子のお昼用に置いて行ったおにぎりを、息子はデイから戻った夫に食べさせたらしい。
息子用のおにぎりは、夫のおやつ用より、ずっと大きい・・・。

夫はすでにそれを2つも食べていたので、私が渡したおにぎりにあまり食指が動かなかったのだろう。
これはまだ、夫の満腹中枢がちゃんと働いている証・・・・???

じゃ、その後、おやつサイズではあるけれど、追加でさらに2個のおにぎりと満腹中枢の関係はいかに??

という事で、この日の夫の夕食はおかずだけ。
それでも本人から特にクレームはなし。

結論
私が決め付けずに、ちゃんと息子に確かめるべきだったのでした。
思い込みで騒いで、

   ごめんなさい。


出来なくなった事 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。