スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

特別養護老人ホーム

2011/05/03 Tue 08:13

夫と暮らす日の終わり、

それは夫が特別養護老人ホームに入所する時、

いえ、入所させる、時。

要介護5、障害者手帳一級の認知症患者であれば特養の申し込みに不足はない。

夫をどうにもコントロール出来ない時、ふと頭をかすめる、特養・・
私はまだ申し込み書を書いていない。

夫のおだやかな笑顔に出会う時、
まだまだやれる。
まだまだ行ける。
特養に入ったら、きっと一気に病状が進むに違いない。
この笑顔があるうちは一緒に居られる。
居なければならない。
そう思う。

時として夫を動かせず、もう、限界かもしれない。
心底思う。

湯船から立ち上がれなくなることがある。
本人も立ち上がろうとするのだけれど、狭い浴槽でどう体を動かしていいのかわからなくなる。
差し延べた私の手を握るけれど、ひっぱり起こす力は私にはない。
またむなしく逆戻り。

夜中、朝の総着替え、寝具の取替えもきつい。
昼間はちゃんとトイレを使えるのに、寝ている時は大洪水になる。
夜中の着替えと寝具の取替えは体力的につらい。

この間検診で血圧が178-134。
うそでしょ!!ともう一度測ってもらったけれど、変わりなかった。

近頃感じる、動悸、耳鳴り、頭痛はこのせいだったのかもしれない。
自慢じゃないけど、四捨五入したら私ももう60歳。
アラカン。
じゅうぶん、自分の体もケアしなくてはならない年だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・

そろそろ特養の申し込みを考えてもいい頃・・だ・・。
誰よりも自分に言ってみる・・。



特別養護老人ホーム | コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
No title
本当に・・・自分が、一番手ごわい説得相手ですね。ここまで頑張れるのは、あなたにその能力がまだ残っていると思う自分がいるからかも・・・

でも、若かりし頃のこれも出来る・・は、適用できない日が・・・頭の中と実年齢のギャップが身に染みた日、その決断をするのかもしれませんね・・・

在りし日の美しい思い出がある限り、揺らぎない自分を持つ限り、どの決断も乗り越えられると思います。応援してます。






最近相棒の様子を病気に当てはめてみて 『病気に違いない』って 認める日が多くなりました。また みなさんのブログなど拝見し将来を考えると
明るく元気な相棒の姿が 心にあるから nobiさんと同じ思いが はしります
二人のためどいしたらいいのか 幸せなのか

自分なら どちらを望むのか
No title
セインさん、こんにちは。

その後、ご主人さまのお加減はいかがですか?

先輩や、同じ歩みの友人たち、いろいろお話をうかがいつつ、自分たちの行方を探っているところです。

ある日、もうダメ、もうや~めた。
と放り投げる訳に行きませんから、起こりうること、出来ることを予測しつつ、先を見なくてはなりません。
わかっていても、迷います。
迷っています。
No title
こんばんは。初めてコメントします。
特養への入所、悩むことだと思います。妻は、昨年の11月からグループホームに入りました。要介護度5、精神障害1級です。特養も2カ所申し込みをしていたのですが、いずれも数十人待ちで、いつになるか分かりませんでした。グループホームもたまたま空きが出たのでどうかという連絡があって、かなり悩んだ末の決断でした。今は、近いこともあって、毎週末には会いに行ったり、ドライブに連れて出たり、お互いに安定した気持ちと生活ができているように思います。
最期まで介護してやれない後ろめたさと申し訳なさで、非常に苦しみましたが、今は逆に愛情が深まったように思います。施設に入れることは、悪いことではないと思います。共倒れにならないうちに。と思います。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
たかさん、こんばんは。

病気の初期の頃、夫のちょっとした言葉や行動を受け入れられずによく腹を立てたものです。

家族の会などで同じ病気の方やそのパートナーとお会いするようになり、夫の『許せない』行動がみなさんと同じであることに気づきました。
昨日も他の二人の奥様たちが、『そう、そう、同じ。』と話しておられるのが聞こえて、思わず、『うちもぉ~。』と手を上げてしまいました。

病気のなせる業、
すこしづつ病気と折り合って行くのかなと、思います。
悩ましいですね。
No title
kenta さん、コメントありがとうございます。

グループホームという選択もありますね。
我が家のケアマネさんからそういう提案が出たことはありません。
夫の状態ではもう、グループホームは無理ということなのでしょうか。
今度、聞いてみます。

特養も従来型とユニット型、どちらがいいのか、それも迷います。
夫の意見が聞ければいいのですが、そういう訳にも行きませんしね。

申し込み用紙を前にどうしたものか、悩む毎日です。

これからしばらくお出かけ、お散歩にはよい季節ですね。
奥様と楽しい時間を過ごされますように☆

No title
こんばんは。
今日は、母の日であると同時に、妻の誕生日でもありました。午後から施設に行ってみると、カーネーションをもらったり、本人の希望で、お好み焼きを食べさせてもらったりしていました。その後、息子夫婦も合流して、楽しいひとときを過ごしました。妻も笑顔で楽しそうでした。
グループホームと特養の違いは、胃漏などの医療行為ができるかどうかの違いだけのようです。グループホームではできないそうです。
8人の利用者に対して、常に4~5人のスタッフがいろいろと面倒を看てくれています。費用は、月14~15万です。
ただ、特養にしても、グループホームにしても、申し込みをしてから実際に入所できるまで、数ヶ月から数年かかると思います。さらに実際に入るかどうかは、順番が来た時に判断すればよいと思います。
以上余計なことかもしれませんが、参考になればと思います。
No title
kenta さん、こんにちは。

そうですね。
今、現在はなんとかデイとショートでやって行けるので、特養の申し込みをためらっていますが、いますぐ入所できるわけではないですものね。

先日の家族会で、夫と同じように穏やかだった方が急変したというお話を伺いました。

明日はわが身かもしれません。
マジで決断の時が来ているように思います。
いろいろ教えて下さってありがとうございます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。