スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
家族の会のアンケートに、

最初におかしいと気付いたのはどんなこと?
(もし、本人が気付いていた場合は、本人と家族の両方)

とあった。
最初に気づいたのはいつ、どんなことだっただろう。

診断を受けたのは、2004年10月。
これははっきりしている。
でも、発病したのはいったい、いつだったのだろうか・・・。

初めて受信した頃のことは前に書いた。
加齢による物忘れとははっきり違う夫の行動、これは絶対におかしい、夫に何かが起こっている、と確信して病院へ駆け込んだ。

 y001021_20110309091755.gif 『初めて病院へ行く』

診断を受ける前、夫は自分の病気に気づいていたのだろうか。
初めて病院へ行った時、医師の
『最近、物忘れが多いと奥様がおっしゃっていますが、ご本人もそう思われますか?』
という問いに夫は、

『いいえ、ただ、最近職場を変わったのでそのストレスで言葉が出にくくなっているように思います。』と答えた。

『そうか、そんな風に感じているのか』とそれを聞いて思ったのを覚えている。

今から思うと夫が自分の変調に気づいたのは診断の2年くらい前だったのではないかと思う。
ある日、コンピューターを開いた時に、ブックマークの最後に数件の病院の名前があるのをみつけた。
『??どこか具合が悪いのかしら??』
夫が側に居ればすぐに尋ねただろうけれど、仕事に行っていたので、そのままになってしまった。
しばらくして、ブックマークを開くと、病院の名前は消えていた。

私から見た夫に変化はなかったし、この事は夫に聞き質さないままいつか忘れてしまった。

そしてそれから一年程経った頃、夫は突然煙草を辞めた。
夫は結婚前から煙草を吸っていた。
私は、何度も『3人に二人は癌になる。』と禁煙を迫ったけれど、
『3人に一人はならない。』と嘯いていた。

その夫がある日気づくと煙草を辞めていた。

『あれ??パパ今日、ぜんぜん煙草、吸ってないでしょ。どうしたの?』

休日の午後、私は夫に尋ねた。

『辞めたんだよ。気づかなかった?もう2週間くらいになるよ。』

『え~?!?!すごい!! どうして?? えらい!!』

特に理由はないけれど、おいしく感じなくなったからと夫は言った。

今から思うとこれも自分の体に何かを感じたからだったのだと思う。
そのすぐ後の定期健診で、夫は脳ドッグを自分で希望して受けた。
脳ドッグでは何の異常もみつからなかった。

この頃、もし、私が夫の変調に気づいていたら、もっと早く病院へ連れていくことができのだろうか・・。

私は、
 
夫が自分の不調を感じていたのに、私は気づかずのんきに時を過ごしてしまった。



診断を受ける前 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
No title
はじめまして。私にも発病して二年目の若年性アルツハイマーの夫がいます。夫の変調について私もnobiさんと同じような体験があります。
「ちょっと物忘れがひどいんじゃない。お医者にいこうよ。」と私が言っても、「もともと忘れっぽかった。病気じゃない。」といって病院に行くのをずっと拒んでいました。
そんな彼が急に毎日飲んでいたお酒をやめたのです。それは、私が「そんなにお酒を飲むと、脳が萎縮するよ。」と言った時からです。自分の脳がおかしくなっている、という不安があったのでしょう。おかしいと感じつつも、病気とは思いたくない、そんな人に言えない気持ちの葛藤があったのだと思います。
 nobiさんの日記、これからの護の参考にさせていただきます。どうぞこれからもよろしくお願いします。(私も介護ブログを始めました。といってもまだ3日目ですが・・)
No title
ルッコラさん、こんにちは。

病院へ行く前の頃を考えると、ああ、あんなことも、こんなことも病気の前兆、兆候だったんだ、と思い当たります。もっと早く気づいていれば、怖い思いや不安な思いをさせずに済んだかなと思いつつ、若年性の認知症があるなんて知らなかったので、しかたないかなと。

病気の初めは本人も家族も精神的につらい時期です。
この病気はとっても巨大です。
できるだけ自分の負担をへらして、なんとか折り合っていくしかないなと思います。
どうぞ、ご無理をなさらずに。

ルッコラさんとご主人さまができるだけ平和な時間を過ごされることを祈ります。
No title
妻の最後の仕事が2001.7です。新聞社からの依頼で小学生の自由研究向けアイデアの仕事でした。その中で簡単な作り方の組み説に時間がかかっていたので私がコンピュータで描いてあげました。その時、私は何も異変を感じませんでした。それから妻は仕事をしていません。1年後に精神科を受診していますが、主治医が私に会いたいとう連絡がくるまで全く知りませんでした。妻は認知症と考えていなかったようですが、何か変だと思って不安だったようです。私が一番早く気がついてあげたかったですね。
Mの増量は順調ですか?
No title
のんた2号さん、こんにちは。

病気の診断を受けてみると、そういえば、と思い当たる事がたくさんありました。
夫はヘビースモーカーで、肺がんになると思ってがん保険に入っていたのに、用はなさそうです。

夫が診断を受けた直後、若年性アルツハイマーを取り上げた映画が公開されました。
もっと早ければ、もしや?と思ったかもしれません。まあ、後の祭りです。

メマリーは一昨日から始めました。まだ特に変化は感じません。
ちょっとお腹が緩くなりますか?
No title
nobiさんへ
こんばんは。
便秘も下痢も副作用にありますが、便秘が多いようです。
副作用かどうか分かりませんが、妻も少し緩めになりました。
妻の診断後に禁煙しましたが、私も1日80本のヘビースモーカーでした。
ご主人、よい効果を期待したいですね。
No title
のんた2号さんへ、

まだ5mgなので、大きな変化は現れないかなと思っています。
眠くなってしまう方が多いということで、夜飲んでいます。
まあ、期待しないで、続けてみます。
(^^)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。