スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

地図の不思議

2011/02/15 Tue 14:32

これは地理の話ではありません。
もし、タイトルを見て地理好きの方がクリックして来て下さったら、ごめんなさい。

年が明けた頃から夫は夜中に何度も私を起こさなくなった。
夜、9時か10時に布団に入り、時には5時過ぎまで眠ってくれる。
おかげで私の睡眠不足もだいぶ解消された。

ただ、夜中の仕事の代わりに早朝の仕事が新たに加わった。

朝、私が目覚めて夫を見るとたいてい彼は目を開けてじっと布団の中に居る。
 ~びしょ濡れになって・・・・・。

たっぷり眠った私は元気に飛び起きて、夫の着替え、布団の始末をする。
ちゃんと、一番容量の大きい安心パンツに履き替えているのに、残念ながら夫の衣類や布団まで地図は広がってしまう。

安心パンツの他にでっかいパッドを当ててもらったり、防水シーツを使ったり、羽根布団の下に洗える綿毛布を入れたり、私もいろいろ作戦を立て、夫の世界地図と対抗している。

防水シーツはすぐれものだということがわかった。
とても高価だったのでその効用も定かでないまま大枚をはたくのはいかがなものかと思っていたが、運よく半額セールに行き当たり購入。
おかげで、明け方ベランダまで重い布団を運び干す作業がなくなった。
防水シーツはシャワーでさっと流して干すだけでよい。
150cm長さのものを買ったのも、扱い易く手軽でよかった。
腰の部分をカバーするのには150cmで充分だ。

こんな風に夫の新たな病状にも慣れ始めたある朝、目覚めて夫を見ると珍しくこちらを向いていた。
目が会い、にっこり。
『おはよう♪』と手を伸ばすと、

  あれ? 冷たい。
  あれ? 畳?!?!?!?

跳ね起きて調査すると夫の右半身がびっしょり。
防水シーツが受け止め切れずに畳まで染み出したらしい。
掛け布団も毛布も一部濡れている。
今朝の作業は大事だ。

でもまずは夫を冷たい海の中から救出しなければ。
ストーブを夫の方に向けて布団の上で上半身から着替えてもらう。
上半身をしっかり暖かくして、下はトイレに移動してから。

そして、

 あれ?
 でっかいパッド、濡れてない。

 あれ?
 安心パンツ、濡れてない・・・。

不思議なことも・・・ある・・ものだ・・・。


  え~ぇ~ぇっ~!?


今朝の地図は、
眠っている間に無意識に描いた地図ではなくて、 
夫が意思をもって描いた地図。
だからいつもと違う不思議な形になって畳までやって来た。

これはちょっとまずい。
夫の病気の進行とともにいろんな状況に出くわし、その都度なんとか試行錯誤、対処してきた。
しかし、今度だけはどうやってこの地図を食い止めたらよいのやら。
困った。






出来なくなった事 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。