スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

娘の名前、

2010/11/25 Thu 14:03

3泊4日のショートステイから戻った夫は、何度か安心パンツのお世話になった。
時間、様子をみてトイレに誘導しても、いつの間にか安心パンツがずっしり重たくなっていた。

娘が、

「ショートで放って置かれたんじゃないの?」

「えっ?まさか・・・。」

安心パンツは優秀だ。
その優秀さ故に、人手の足りない施設ではこまめにトイレに連れて行くよりも・・・?

いやいや、そんなはずはない。

でも、そういえば、ショートから帰ってきた夫の安心パンツには尿取りパッドが入っていた・・・。

やっぱり、ショートステイとデイサービスは違うのかもしれない。
ちょっぴり暗い気持ちで、ショート後の一日を過ごしていた。

午後、ちゃんとお出かけオシッコを済ませて、久しぶりに娘も加えて3人でお散歩に出かけた。
夫はずっと娘と手を繋いでご機嫌。
紅葉を探しながら、ついでに一キロ半ほどはなれた市場に足を伸ばした。
昔はよく来たけれど、夫がトイレ問題を抱えるようになって遠ざかっていた。
今日は出かけにちゃんと済ませたし、安心パンツも履いている。

近所のスーパーよりずっと安い市場で私と娘は順番に品定め。
傷のないきれいな太刀魚が丸々一匹で600円。今夜は太刀魚の塩焼き。
野菜も安いけれど、大量なので重くないきのこや葉物をゲット。
まあ、たわいもないものばかりだけれど、お買い得はいつも嬉しい。

夕飯の買い物も終え、娘がドラッグストアを物色している間、私と夫は市場の通りを行ったり来たり、歩いていた。
突然夫が繋いでいた手を離し、すたすたとひとりで歩き出した。

  いかん!フランケン化!?

追いかけていろいろ話かける。
こんな時は力では動かせないので、気が済むまで歩かせるか、何か夫を動かす言葉をみつけるしかない。

「パパ待って、ふーちゃんが迷子になっちゃうよ。」

夫の足が止まる。
しめしめ、言葉はないけれど回れ右に成功。
娘が居るドラッグストアまで戻ってきた。

ちょうど店から出てくる娘の姿が見えた。

すると夫が娘を指差して、

「○△□」と娘の名前を言った。

それはいつも呼んでいる愛称でなくちゃんとした、彼女の名前。

娘にも夫の声が届いて、おっ!?とこちらを見た。

娘と私、「パパ!すごぉ~い!!」

最後に夫の口から娘の名前が出たのはいつだったろう?
息子はこの9月だった。
娘は11月。
私は???

う~ん・・・(━_━)ゝウーム

ま、いっか、

ゆっくり2時間半ほどかけてお散歩した夫は9時から朝方4時まで通して寝てくれた。
ただ・・・
翌朝、私はまあるくしみのついたお布団を乾かさなければならなかった。




出来なくなった事 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。