スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

言葉に隠された言葉

2010/10/27 Wed 10:02

夫が自分から言葉を発することはほとんどない。

家族が会話をしていると誰かの言葉をおうむ返しに拾って繰り返すことはある。
「うん、そうだよ、そうなんだよ。」と合いの手を入れることも。

でも残念ながら、ほとんど意味をなさず、会話は成立しない。


  「お昼、お蕎麦にしますか? それともうどん?」

  「うん。」

  「お蕎麦?」

  「うん。」

  「うどん?」

  「うん。」

  「スパゲティ?」

  「うん。」

  「やめとく?」

  「うん。」


思えば、「おはよう。」の言葉も最近は返って来ない。

そんな中、たまにおうむ返しではない言葉が出ることがある。
そんな時はどうして、この言葉が出たのだろう??
何か言いたいことがあるのだろうか??
と考えてしまう。

昨日、デイサービスの送り、職員さんが別れ際に、

「じゃあ、Aさん、また明日お願いします。」

と言って夫の手を私へと渡した。
すると突然、

「ちがう、ちがう。」

と手を振った。

職員さんも私も!?顔を見合わせたけれど、それ以上夫の言葉はなかった。

家への階段を登りながら「何が違うの?」とたずねたけれど、もちろん答えはなし。

いつもなら、夫のとんちんかんな言葉は聞き流すのだけれど、「違う、違う」は気になった。
夫が否定の言葉を言うことはめったにない。
フランケン化した時に「いや、だめ、できない」はあるけれど、今は穏やかな状態。
職員さんと一緒に「くちなしの花」を歌いながら戻ってきた。

何か言いたいことがあるのだろうか。
夫は職員さんの「また明日。」の言葉の意味をちゃんと拾ったのだろうか。
何か否定したいことがあるのだろう・・・か・・。

時々夫の口から出るはっきりとした言葉。
状況に合わないその言葉の後ろに何か夫の気持ちが隠されているような気がしてならない。

考えても、考えても、答えはわからない。

DSCF15633.jpg

正解はCMの後に!!なんて事だったらいいのにね。



出来なくなった事 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
初めまして
何時も読ませて頂いています。


夫は血管性の認知です。

若年性の方のご苦労は、私などには、計り知れないものが有る様に思えます。


我が家も、今日はどんな夜だろうかと、切羽詰った気持ちになってしまいます。



CMの始まった時の様に、画面が切り替ってくれればいいのに・・



この苦難の道を歩んでいらっしゃる方が、私一人で無いと思う事で
もう少し、頑張ってみようと云う気にさせてくれます。



突然にお邪魔して、ごめんなさいね。




 
No title
nonnko さん、初めまして。

コメントありがとうございます。

夜中の介助は本当に苦労ですね。
何と言っても、人の都合で起こされるのはきついです。
しかも毎晩ですから。

夜中に目覚めた夫が<上機嫌>だった!!なんてことは一度もありませんし・・・。


前に家族の会で伺った話ですが、夜中に起きたご主人が奥様に

『どなたか知らないが出て行って欲しい。』

と言われるので、困っている、と聞いたことがあります。
たった今トイレの介助をしてあげたばかりなのに、です。

でも、その奥様は、

「『はい、明日の朝出て行きます。』と言うと納得して寝てくれるんですけどね。」

と、笑っておられました。

皆さんそれぞれにご苦労されているんだなと、思います。

無理をしないで、出来ることをして行こうと思っています。
どうぞ、ご一緒してください。

管理者のみに表示
« ただいま | HOME | 一家団欒 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。