スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ひどいことになったもんだ

2010/10/13 Wed 13:38

「ひどいことになったもんだ・・・」

夫の声で目が覚めた。
しまった、寝過ごした。

辺りに漂う、いや、立ち込めるこの臭い・・・

 やっちまったぜ。

飛び起きた。

家の中を歩き回っている夫を確保。
トイレの床いっぱいに大型犬用ペットシートを敷き、その上に立ってもらう。

状況はかなり厳しく、今までに例を見ない惨状。



なんとか夫をシャワーに入れ、着替えをさせてから布団の始末。

幸い昨夜というか、夜中に起きた時にちゃんと正しい位置に寝かせたので、布団の被害は最小限・・・・
と思ったら、悲しいことにペットシーツがずれていた。
(><)
次回はガムテープできっちり抑えよう。

ベッドパッド、シーツ、ズボンは廃棄処分かなと思ったけれど、発見が早かったのか、洗濯機で回したら、きれいになった。
洗濯機、洗剤、漂白剤、グッジョブ!!


昨夜、3時前に夫は目を覚ました。
トイレに連れて行ったけれど、介助拒否。
3回仕切りなおして、成功した。

夫はその後、すぐにまた眠ったけれど、私は目が冴えて、一時間ほどPCで遊んでしまった。
そして、6時の目覚ましの音を遠くで聞いた。
ちゃんと起きていたら回避できたのか・・・。

今回実は気になっていることがひとつ。
今までの夫の失敗は自分で便意を感じて起き上がり、どうしたらよいのかうろうろしているうちに、というパターンだった。
でも、今回どうも夫の状態、現場の検証から鑑みるに、夫は横になった状態自分でも意識のないまま失敗をしたように思える。
避けられなかったかも・・。
そして、もしかしたら病気の進行も・・。


ショートステイの度に起こるこの騒ぎ。
どうしたものだろう。

ショートステイから返ってきたメモには4泊5日の間に排便があったのは、最終日の午前に少しだけとある。
リズムよく排泄できるかどうかは快適に一日過ごせるかどうかに大きく係わる。

「お通じのなかった日の夜にはマグラックスを飲ませてください。」と
お願いしてあるのだけれど、一回分のマグラックスしか使われてない。

次回はこの点をしっかり確認しよう。



デイサービス・ショートステイ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。