スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ショートステイの後遺症

2010/09/06 Mon 12:05

3泊4日のショートステイの後、夫には心配したような混乱はなく、翌日のデイサービスにもスムーズに出かけていった。これは、ひと安心。
ただ、ここのところ順調だった排泄のリズムは、崩れてしまった。

今まで2泊3日、ショートステイから夫はいつも一度もお通じがないまま帰って来た。
今回のショート先の持ち物メモに、「使い慣れた緩下剤があれば持参するように、」という項目があった。

今回は今までよりも一日長い3泊4日。
お通じがない時にはコントロールしてもらった方が夫にとってもよいかもしれないと、かかりつけの内科医から処方されている薬を持たせた。

持って帰って来たショートステイのメモによると、2日目の夜に薬を飲んで3日目の午前中にお通じがあったとある。
ショートに出かける前、この夏はほとんど毎朝、順調だった。
緩下剤を使ったということは、やはり自宅に居る時とは違う認識が彼にあったのだなと思った。

それでもいつも家に戻ると、その日の夕方か、夜、夜中、翌朝までには自然に出るので、特に気にしなかった。
しかし、今回ショートから帰って来た日も翌朝も何事も起こらなかった。
さすがに2日目の夜、緩下剤を飲んでもらおうかなと思ったけれど、翌朝は私が家を8時前に出なくてはならない日。
もし、デイの迎えまでの間、娘と二人の時に夫がもよおしてしまうと、夫にも娘にも試練となる。もう少し様子を見ることにした。



そしてショートから帰って2日目の夜中、午前3時、気配に目が覚めた。
瞬間に何が起こったのかを理解して飛び起きた。

夫は自分の布団の上に立ち、リハビリパンツを脱ごうとしている。
夫のふとんは広範囲に濡れている。
そして漂う臭い。

完全に目覚めて、被害を最小限に止めるためには何をしなければいけないのか考えた。
まず、夫に声をかけた。
ゆる~りと、

「どした~?お腹痛い?」

夫が頷く。

夫の手を取って、トイレに導きちょっと座って待っていてもらう。
その間にお湯のスイッチを入れシャワーの準備。
幸い、夫は拒否なく素直に従ってくれた。
まずは夫をきれいに洗い上げて、バスタオルを巻いてもう少し待っててね。。
夏でよかった~。

次に洗濯物を集める。
パジャマ上下、シーツ、タオルケット。
リハビリパンツ履いててよかった~。
下洗いなしに洗濯機に入れられる。
でも真夜中なので、スイッチを入れるのはもう少し後で。

夫を着替えさせて布団のチェック。
かなり広範囲に濡れている。
汚れも少し。
ペットシートで水分を取ろうと試みたけれど、しっかり浸み込んでしまったようでほとんど取れない。
どうすればいいだろう?

昔子供たちがおねしょをした時、どうしたろう?
子供たちの時は紙おむつも性能がよかったし、ほとんど布団を濡らすようなおねしょはしなかったような気がする。
そうだ、お湯、
母が熱いお湯をゴム手袋で絞って何かを拭いている姿が頭に浮かんだ。
「こういう時は熱めのお湯で拭いてから干すのよ。」
どういう時だったか忘れたけれど、殺菌の意味があると言ったような。
他に思いつかなかったので、熱いお湯でタオルを絞り濡れた部分に当てていった。
そのうちに思い出した。
そう、ペット用の消臭剤。
除菌作用もあると書いてあった。
スプレーをシュパシュパしてから重くなった布団を担ぎ出し、まだ暗いベランダに干した。

こんな時のお布団の処理、良い知恵があったらどうぞ教えてください。


朝まではまだ少し時間がある。新しく布団を敷き、夫を寝かせた。

汚れたリハビリパンツの処理、・・・・・・・・・
汚れを落としてから新聞紙で包み、ビニールの袋に入れ密封。

後は洗濯機のスイッチ、
でもまだ午前4時半、もう少し後にしよう。
夫の寝息を聞きながら、隣へ行こうか考える。

寝る?
でも6時には起きなくては。
2時間は寝られない。
今、寝たらもう起きられないかも。

結局シャワーを浴びて起きていることにした。

それにしてもどうしてこんなになるまで、気づかなかったのだろう。
もう少し早く目が覚めればこんなややこしい目に遭わずに済んだのに。

ショートステイに行ってもらっている間はとても安心で楽だけれど、その前後に起こりうるトラブルを考えると次はどうしようと考える。

DSC003622.jpg

みんな放り出して、どこか旅行に行きたいね。
でも帰らなくちゃ行けない事を考えると、無理って思う。
この暑さはいつまで続くんだろう。


デイサービス・ショートステイ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。