若年性福祉センターの朝

2008/05/09 Fri 10:32

今朝は娘が学校へ行く途中に若年性福祉センターに送ってくれた。

朝、出かける時間をみはからって、トイレに行くように声をかけた。
用を済ませた夫は玄関で靴を履いて、

『それじゃ、』とひとりで出て行こうとする。

娘の支度はまだ出来ていない。
化粧の真っ最中。

娘の支度が出来るまで、玄関で世間話!?をして間を持たせる。
一度靴を脱いでリビングに戻ってもいいのだが、出かける前に機嫌を損ねても返って面倒なだけ。

夫が早すぎるのでなく、あくまで、娘が遅いことにする。

10分後、機嫌よく出かけて行った。
やれやれ。
出来なくなった事
« 弔電 | HOME | 悲しい知らせ »