スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

何故認知症に??

2010/05/23 Sun 20:25

夫が認知症になったわけ、
  (これは私のまったく勝手な思いなので、読み流してください。)

私は、彼の体を流れるB型の<>のせいだと思っている。

世の中にはいろんな占いとか性格診断があるけれど、私は血液型を使うものに全く興味がなかった。
だって、こんなにたくさん、いろんな人間がいるのに、4つのパターンしかないっていうのが、そもそも考えられないでしょ?
なので、それまで、自分の血液型であるA型は生真面目、控えめ、と言われているということくらいしか知らなかった。
しかも、これ、当たってないし(--;)

ところがある日、若年性アルツハイマーと診断を受けて間もない頃だったと思う。
何気なく見ていた番組で『A型とB型のカップルは相性が悪い』と言われ、我が家は」私がA、夫がB、思わず番組を見てしまった。

結婚して20年以上、特に相性が悪いと思ったことはないけれど、番組を見てプチびっくり。

小さなことだけれど、相手の行動とか反応とかがちょっと理解できない時ってあるでしょ。
それがばっちり指摘されていて思わず納得。
たま~に見せる、本来の彼の性格とはかけ離れた行動はB型の血がそうさせていたんだぁ~。
なるほどぉ~。

それで気づいた、夫はB型だけれど、そこで言われていたB型の性格とは全然違う。
どちらかというとA型と言った方があっているかもしれない。

彼のきちっとした性格と彼の体を流れる大雑把なB型の血が長年彼にストレスを与えてきた。
このストレスに耐え切れず、彼は疲れ果ててしまったのではないかと思うのだ。

201004261141000.jpg

夫の几帳面できちっとした性格は今も健在。
切羽詰ってトイレに駆け込んでも、トイレのマットが曲がっていたら直さずにはいられない。
夜中にいろんなものを集めてリビングのテーブルに並べてくれるけれど、みんなちゃんと向きが揃っている。
なんでもちゃっちゃっと済ましてしまいたい私はいつも彼の丁寧さにイライラしている。

でも思い返せば、夫は私のいい加減な仕事をずっと黙って我慢していてくれたのかもしれない。
歯磨きチューブのお腹を大胆にぎゅっと押して私が使った後、そっとチューブの下の方から押して次に使いやすいように直してくれた。
私がドーナツ型に脱ぎ捨てたパジャマを拾い上げてたたんでくれたのも彼だった。
私の大雑把な仕事に彼からクレームがついたことは一度もない。

もしかして・・・

私の存在がストレスだったかも!?




原因・治療・サプリメント | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
うちは、
うちと、同じだと苦笑いです。

うちも、脱皮したかのように
私が脱ぎ捨てたパジャマのズボンを、文句ひとついわずたたんでくれていました。

歯磨き粉のチューブも、下のほうからくるくるとまいておいてくれました。

ちなみに、血液型は主人は、O型 私がB型です。

どうなんでしょうね。。  
おんせんたまごさん、こんにちは。
う~ん、同じですか・・。

病気になってしまったのは事実だし、今さら原因がわかってもどうしようもないのですけれど・・。

でも、何故?っという思いは消えません。

ストレスは絶対原因のひとつだな、って思うのです。ではどんなストレス??となると、こんなことしか考え付きません。

ほんとに忙しい日々でしたが、夫はきっと満足していたと思うから。

私の勝手な思いです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。