スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
デイサービスから戻った夫と玄関に入ると、電話のベルが鳴っていた。
夫を玄関に残し、リビングへ。
受話器を持って振り返ると、靴を履いたままの夫が居た。

電話を切り、特上の笑顔で、

  『お靴脱ぎましょうか。』

  『はい。』

返事は『はい。』だけれど、靴を脱ぐというモードに彼の悩は入っていない。
足元にひざまづいて、片方の踵をとんとんと叩く。

  『足上げてください。』

  『どうして。』

  『靴を脱ぎましょう。』もう一度踵をたたく。

  『はい、』

でも彼の足はあがらない。何回か繰り返す。だんだんイライラしてくる。

  『足あげて!』

やっと足が上がるけれど、つま先を下げてくれないので、靴を脱がすことができない。
脱ごうと言う意思のない足から靴を脱がせるのはとっても難しい。

ひとまず、体勢を立て直すことにして、

  『じゃ、ちょっと座ってください。』

  『はい。』

動かない。

彼の『はい。』はただの合いの手で、肯定の返事では全くない。

もう、いっかぁ~このままで。

        という訳にも行かず、

  『靴、脱いで!!!』

叫んだ。

  何処だかわからない。』

おだやかな声で返事が返って来た。

そうか・・・うん、何処だかわからないのね。

気を取り直して最初から。

まあ、せいぜい10分もあれば、解決する訳だけれど疲れる。



続いて、夕飯の支度。

野菜の高い今日この頃、豆もやしに凝っている。
ちょっとだけ普通のもやしより、高いけど、もやしのシャキシャキ感と豆のコリコリ感が美味しさを増す。

水菜やえのき、ワンパック98円だった豆苗、裂いたささみの酒蒸しなど、強火でサッと炒めた。
火を止め、食卓を拭いて戻ると、夫が菜箸で中華鍋から野菜炒めを食べていた・・・。

シャキシャキといい音をさせて熱心に食べている。

『お味見ですか?』

  シャキシャキ

柚子ポン酢で味付けするつもりだったので、まだほとんど味は無いはず。

『つまみ食いですかぁ~?』

  シャキシャキ

そんなに美味しい?
気づいてないかもしれないけど、昨日ももやし炒め。
もやし以外の野菜が変わっただけなんだけどな。

じゃ、明日ももやし炒めね。

CADFQ34Z.jpg
出来なくなった事 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。