スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ひと月ぶりに実家へ、

2010/04/12 Mon 08:50

ひと月ぶりに実家へ行った。
玄関の鍵を開けると、ステテコ姿の母が迎えてくれた。
ちょうど朝の着替えの最中だったらしく、父がズボンと一緒に追いかけてきた。

母が認知症になって以来、父はそれまで全くしなかった家事をなんとかこなしている。
それでも母の衣類は何をどう着せたらよいのか見当もつかないと言うので、私が季節ごとにいくつかのパターンを用意してそれを着せてもらっている。

冬の間はズボンの下に厚手のタイツやスパッツを用意していたのだが、このところの暖かさに、タイツは暑かろうと父は手近な父のステテコを履かせてくれたらしい。
これからの汗ばむシーズン、ステテコは良いアイデアかもしれない。婦人用のズボン下があるようなので、今シーズンはそれを手にいれよう。

父のステテコを後ろ前に履いた母は、また一回り大きく!?なっていた。
すっかり伸びきったステテコのゴムは母のお腹周りに優しくフィットしている。
体重を減らさないと膝の痛みも増すだろう。
私が側に居られたら、もう少し食事の管理も運動の手伝いもできるのに・・とちょっと沈んだ気分になる。

私の顔を見るなり母は、「まぁ!!nobiちゃん!! あなたはなんてかわいくて美人なんでしょ!!」

 私の名前がすぐ出てきた。よかった♪ 


認知症家族の思い | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。