スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
社会保険庁(現在は日本年金機構)から息子と娘宛に1通づつ、手書きで宛名が書かれた封書が届いた。

先日、社会保険庁日本年金機構)に障害年金用の書類を取りに行った時、ついでに国民年金の支払い方法を変更をした。
今までは郵貯銀行から引き落としにしていたのだが、昨年からクレジットカードが使えるようになった。
郵貯銀行だったら、ただ引き落とされるだけだけれど、クレジットカードを使えば多少でもポイントが付く。

2時間45分の待ち時間の間に支払い方法の変更をした。
こちらの窓口はだいした待ち時間はなかった。

窓口で郵貯からクレジットカード払いへの変更の書類を渡された。
私、息子、娘、3人分なので、郵貯銀行用、3枚。クレジット会社用、3枚。
計6枚に住所氏名、年金番号、口座番号等々を書き込むように言われた。

時間はたっぷりあるので、まずは郵貯銀行宛の書類から。
2枚目の途中で気がついた。
私が書いているのは解約でなく口座振替申込書ではないのか!!。

窓口で書類を貰いなおして、再び、名前、住所・・・・3人分の書類を提出した。

あれから、2週間ほど経った。
支払い変更が済んだという確認書が届いたのかなと思ったが、宛名が手書き、しかも息子と娘の分だけなのはどうしてかなと、封を開けた。

「書類不備」という言葉が目に飛び込んできた。

へぇ~!!

わざわざ窓口まで行って、窓口で説明を受けて、渡された書類を提出したのに?!?!?!?!
書類不備って・・・。

私のクレジットカードから本人か配偶者以外の年金を引き落とす場合には同意書がいるんだそうだ。

それはそういう事もあるだろう、でも、
これは新しく決まったわけでなく、たぶん、私が窓口に行った時点でも同じルールだったのだと思うけれど・・・??

そういえば、前にも同じような事があった。
あの時はクレームしたら、速達の返信用封筒を速達で送って来たっけ。

もう少しちゃんとお仕事してもらえたら、
    時間も経費も無駄にせずに済むのにね。


名前は変わっても中身はそんなに簡単には変わらない。



janet9.jpg

     <猫カフェで会ったジャネットちゃん>

公的援助・福祉制度 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。