スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ミニコンサート

2010/03/01 Mon 15:14

2月最後の木曜会はピアノとフルートのミニコンサートだった。

ピアノのYさんとフルートのMさんは大学病院の家族の会で知り合った私のお友達。
お二人とも、認知症のご主人を介護されるお仲間だ。

お忙しいのは重々承知の上、木曜会で演奏していただけないかとお願いしたのが去年のこと。
快くお受けいただいて、先週実現した。

夫は音楽が大好きで、集めたレコードは数百枚。狭い我が家のお邪魔虫になっている。
若い頃はN饗の定期コンサート会員でもあった。
昔はクラシック派なんだと思っていたけれど、病気になってからは音楽ならなんでもいけることが分かった。
音楽が流れるとすぐに一緒にくちずさむ。

そんな夫に生の演奏を聞かせたいと常々思っていた。
でも音楽と一緒に手拍子も打つだろう、一緒に歌ってもしまうだろう。
普通のコンサートに行くのはもう無理とあきらめていた。
そんな時にYさんとMさんがお二人で練習を始めたと伺い飛びついたのだ。

朝、おふたりは早めに会場に来られて音だしリハーサル。
なんだかわからない音楽用語で打ち合わせが進んで行く。

メロディーが流れた途端に夫も一緒に歌いだした。
次々に到着するメンバーの方たちも、すぐに反応して一緒にくちずさむ。

いいぞ!!いいぞ!!

お二人が用意してくださった演目は、
「朧月夜」に始まって、月繋がりで「荒城の月」 「はまち鳥」・・・。
「春よ来い」や「早春賦」など春の歌、全部で10曲ほど。

演奏を聴く場面あり、一緒に歌う場面あり。

アンコール最後の曲は私のリクエストで、「なごり雪」
ちょうど大学生の頃に流行った思い出の曲と大きな拍手で終わった。

とても気持ちよく、心地のよい時間を過ごす事ができた。

お二人の素晴らしいミュージシャンに感謝 
ありがとうございました。



お天気がよく暖かだったので、午後はみんなでお散歩に出かけた。
お散歩の折り返し点まで来た頃から夫の様子が怪しくなった。

みんなと一緒に歩いているのに、勝手に自分の行きたい方へ歩いてしまう。

止めようとする私の手を振り切って歩いて行く。
声をかけても返事をしない・・・・。

これは疲れて混乱した時の行動パターンだけれど、目がいつもと違う。
疲れた時の遠くを見る目ではなくて、とてもしっかりと意思を持った目。
歩き方もうろうろではないく、元気にスタスタと。リズムもよい。

でも返事はない。

途中、何度も方向修正をしながらみなさんの助けを借りて、なんとか会場まで戻ってきた。
お茶とお菓子を頂きながら、来年度の話合いをしているうちに夫の表情も和らいで無事に家に戻ることができた。

今日の暴走は何だったのか・・・?
もしかしたら、生の演奏で受けた刺激のせいかなと思ったりする。
前にオルゴール療法を受けた時に、楽器の音は脳幹に良い刺激を与えると聞いたことがある。
同じ楽器の音でもCDなどと、生の音では刺激が全然違うと。

演奏で受けた感動を行動することで表現したのかもしれない。
また、来ていただくようにお願いしようね。

feb10 004
同じ病気の仲間 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
いらっしゃいませ
fc2へ、ようこそv-314
わぁ~お!
今、お引越しのご挨拶をしようと思っていた所です。i-229i-201

よろしくお願い致します。i-176

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。