スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

杏の行方

2010/01/31 Sun 11:04

干し杏がお通じに良いらしいとの情報をいただいて早速試すことにした。
やはり一年前に2週間チャレンジのヨーグルトがいいと人に薦められて試したところ、夫には合っていたらしく半年近くはよいリズムが出来た。でも、夏過ぎたあたりから又なんとなくうまくいかず、そのおかげで機嫌が悪い、ということも増えていた。

まずは一日に三つくらい食べると良いということなので、朝食後、小皿に杏を三つ載せて夫の前に置いた。

『お腹の調子が良くなるんですって、食べてね。』

『うん』

台所へ台拭きを取に行って戻ってみると夫の前の杏が三つともなくなっていた。

『!!! もう食べちゃったの??!!』

『うん』

・・・・なわけないだろぉ・・・(~_~?)

と口の中を覗いたけれどもひとつも見当たらない。
周りを見回してみたけれど、無い。
手にも持っていない。

こんな短い間にいったいどこへ・・・・?

夫の前のマグカップが目に入った。
ミルクティーが入っている。きっとこの中!!
スプーンで探ってみたけれど、みつからない。

だって、私が目を離したのはせいぜい30秒。
夫が席を立った気配はなかったし、いったい杏はどこへ行ってしまったのだろう。

捜索をあきらめて、新しく杏を出し、今度はひとつずつ夫の口の中に入れた。

飲み込んだのを見届けて、やれやれと自分の紅茶を飲むと、

『!!!あった!!!』

私のカップの中に杏が三つ。

という事は夫は前に置かれたた杏をすぐさま取り上げ、テーブルの向かい側の私の紅茶まで手を伸ばして放り込んだことになる。
まあ、夫なら座ったままで手が届くかもしれないけれど、私は少し腰を浮かさないとできない距離。

彼はいったい何を思って私の紅茶に杏を入れたのだろう??
まあ、私の為を思ってくれた、という事にしておこう。

そして、干し杏効果かどうかわからないけれど、夫のトイレタイムはそれから18時間後、つまり、夜中午前1時でした。


出来なくなった事 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。