スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

負担限度額認定証」

2010/01/21 Thu 17:16

また、ひとつ。
払わなくていいものを支払っていた事実を発見。

。・°°・(>_<)・°°・。

介護保険制度における負担限度額認定証
 『介護保険施設やショートステイを利用したときの食費と居住費は原則自己負担になりますが、市民税が非課税の世帯に属する方または生活保護を受給されている方等は、自己負担額が軽減されます。』

つまり、
特養などの施設、ショートステイを使う時には、所得の状況に応じてきめられた段階(1から4段階まである)に従って、支払う限度額が決まっている、そうだ。

今まで利用していたショートの請求書は第4段階で計算されていたけれど、表を見ると我が家は市民税非課税なので、第3段階に当てはまる。

初めて今年の春にショートの契約をした時に料金表にいくつか段階があったのを覚えている。
そして、第4段階のところに丸がついていて、料金はこちらになりますと言われた。
あの時にちゃんと質問、確認するべきだったのだ。

今度いつショートを利用するかわからないけれど、時間のある時に区役所に行って申請して来よぉ~。
公的援助・福祉制度 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。