スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

障害年金・現況届

2010/01/22 Fri 15:53

去年の9月末日、夫の障害年金現況届を郵送した。
現況届用の用紙は9月、夫の誕生日月になって送られて来た。
届出の用紙の中には医師が記入する診断書も含まれていた。

提出期限は9月末日。

現在夫は東京の大学病院で特に変わったことがなければだいたい8週間に1度の間隔で診察を受けている。
夫の主治医はとても多忙で、診断書などの書類制作には3週間ほどの余裕を見て欲しいと言われている。

9月の最終週にちょうど診察の予約があったので、その時に受け取ればぎりぎり提出期限に間に合う。現況届の用紙を大学病院まで息子に頼んですぐに持って行ってもらった。
もちろん、夫の細かい状況をA4、2枚程にまとめて付けるのも忘れなかった。

29日の審査日に無事診断書を受け取ってその日のうちにポストに入れた。

9月末日が提出期限の書類を9月になって送ってくるというのは余裕がなさすぎる。
まあ、なんとか間に合ったので、よしとしよう。

そして、現況届の結果をずっと待っていた。
もちろん、途中で電話をして届いているか確認をした。
10月18日に受理の手続きがされていた。

年が明けて、社会保険庁から届いた書類は、

『次回診断書手続きのお知らせ』
しかも、次回は平成24年!!

この3ヶ月以上、私が期待して待っていたのは、『支払額変更通知書』だったのに。



さて、すぐに改定手続きを申請するか、それともしばらく時間をおくか、考えている。

それにしても、社会保険庁、日本年金機構?

電話!! 繋がらない!!!!!

公的援助・福祉制度 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。