スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
朝の夫の着替えを手伝う。

「はい、次はズボンです。」

夫にズボンを渡す。
受け取った夫は一旦はズボンを前、腰の辺りに当てるので、

  ~履けるかな~と見ていると

ずぼんを二つ折にし、丁寧に畳み始める。

  ~だめかぁ~

途中で辞めさせると、機嫌を損ねてしまうので、畳み終わるのを待つ。几帳面に畳まれたズボンを夫から受け取って夫の足元にしゃがみ、手伝う。
夫の足首辺りをちょいちょいとつつき、
「じゃぁ、こっちの足上げてください。」

・・・動きがない。もう一度、もっと強くとんとんと叩く。

足が上がったので、それをズボンで受ける。まずは片足ゲット。

「はい、今度はこっち。」

なんとか反対の足を上げることに成功するけれど、何故かこの足が斜めに降りて行って、すでに片足がはいっている方に向かう。

「こっち、こっち。」

上がった足はズボンの中には納まらず、床の上に着地。

再び

「こっちの足あげてください。」となる。

今朝は3回繰り返してもどうしてもズボンに足がはいらない。足元でズボンを持ってしゃがんでいるのもいい加減つらくなって、つい口調が強くなる。

「ここに、足を持ってくればいいのよ。」

「そうしようと思ってるんだけどねぇ。どうしたもんだか・・・。」


情けなさそうに答える。

ほんとうにね~、どうしたらいいのか・・・・
難しい事がどんどん増えて来てその都度無理やりにいろんな作戦を試みてきたけれど、そろそろアイデアも尽きてきた。

新たなステージに向けどんな準備をしたらよいのか、リサーチが必要かなと思い始めている。

NEC_0026.jpg

出来なくなった事 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。