スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

山手の洋館めぐり

2009/12/25 Fri 12:19

今年最後の仲間との散策は横浜山手の洋館巡り。
暖かな青空の下、私にとっては馴染みの深い、思い出のいっぱい詰まった通りを歩いた。

20091225090700.jpg


いつもはそれぞれにお弁当持参で集合するのだが、今日は港の見える丘公園に隣接したホテルのレストランでランチ。
なんとお世話役のお一人が、ん十年前にここで結婚式をされたことがわかり話題も盛り上がった。
20091225090852.jpg


夫も上手にナイフとフォークを使ってお皿の上で美味しくランチをいただくことができて私も一安心。

ランチの後はイギリス館からブラフ18番館までゆっくりとお散歩を楽しんだ。

それぞれの洋館の中を見学するためには、当たり前なのだが、玄関で靴を脱ぎスリッパに履き替えなくてはならない。
お天気の良いクリスマスイブとあって、洋館巡りの人も多く、それぞれ用意されたスリッパが足りなくなるほどの人出。
靴を脱ぐ、スリッパを履く、これだけの事なのだけれど、夫には難しい作業。
混み具合と夫の様子を見ながら、中を覗いたり、前庭でひなたぼっこをしたり、私たちのペースで過ごさせてもらった。

そして毎回問題のトイレタイム。
洋館のすべてに多目的トイレがある訳ではないので、あらかじめ観光マップで場所をチェック、最初は『えの木てい』の前の公園の多目的トイレでトライ。

20091225090739.jpg

靴を脱ぐ必要がないのでいいかなと思ったのだけれど、失敗。
腰掛けてはみたものの、『冷たい』とすぐ立ち上がってしまった。多目的トイレは個室?というには広く、寒さも増す。お外だしね。

お散歩コースの真ん中辺りの洋館に多目的トイレマークがあったので、夫の靴を脱がせて建物の中へ。

さて、せっかく靴も脱いだし、スリッパにも履き替えた。
ここではなんとか成功して欲しい。
私の気合も入る・・・けれど、ここで夫にプレッシャーをかけてはいけない。

   ~さりげなく~さりげなく~

なんとか手を振り払われることもなく下着とズボンを下ろし、穏便に腰掛けることができた。

待つ。

出ない。

ショルダーバッグを下ろすだけでなく、やっぱりジャケットも脱がしておけばよかったかな~と思い始めた時、

夫が片方の靴下を脱ぎ始めた。裏返しになった靴下を戻し畳んでいる・・・
そして、タイツ、ズボン、下着と腰掛けたまま脱ぎかけている。

ひぇ~~!!
なんとか片足だけでとどめようととしたのだけれど、その努力もむなしく・・・・
彼は自由な姿になってしまった。

その後、身軽になった夫は体勢を整えて、 成功。

よかった、よかった、だけれど・・・

この時点でたぶんさっき洋館の前で靴を脱いでから15分は経過、みんなきっともう見学を終えて待っていてくださるだろうな~と気持ちが焦る。
下ろした下着やズボンを上げるだけなのと、また下着、靴下とひとつひとつ履かせていく手間は100倍くらい違う。
今日は寒さ対策でタイツまで履いてるし。
もういっその事、タイツは省こうかと思ったけれど、また散歩の途中で寒いとぐずられても面倒だし・・・

深呼吸ひとつ、

洋館のトイレで夫の足元にうずくまり

『はい、じゃあ、こっちの足上げてくださ~い。』





洋館のトイレを出た時は、

『もう無理、絶対無理、
   毎回こんなことやってられない!!
  
    今日でお散歩はお終い。
           もう、連れて来ない!!』
 と決意していた
    
    ・
    ・
    ・

  のだけれど、



洋館の前に並んだみんなの笑顔を見たら、あっという間に決意は吹っ飛んだ。
もうちょっと、もう少し、ご一緒させてください。


  Merry Christmas To You All ♪

20091225090714.jpg

同じ病気の仲間 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
おたがいさま
すてきな写真ありがとう。
今年最後の散策が、1人も途中で抜けることなく、最後までご一緒できてよかったです。
ご主人の柔和な笑顔の裏には、nobiさんのこんなご苦労があったのですね。
お待たせしたのは私達も一緒です。頻尿の夫は行く先々でトイレに行くし(1つの館で2回行ったことも・・)、嫁姑の話で盛り上がって遅くなった館もあるし・・。
行き帰りの電車、靴、トイレなど、大変だと思いますが、これからもぜひぜひご一緒したいです。
ご本人にとっても家族にとっても楽しい、ホッとできる会でありますように・・
うーむ!大変だったのですね。言葉もありません。頑張った!えらかった!
でもお天気で暖かくてなんだか神様の慈愛みたいなものを感じました。世話役の方がご主人が上手にナイフとフォークを使っていらっしゃるのを感心していらっしゃいました。それとなく皆さん一人一人に気を配って下さっているのだなと思いました。
昨日は遅くまで年賀状を書きながらブラフ18番館でしたっけ?そこでの演奏会のCDを聞いて余韻に浸っていました。
私は今日8年続けてきたアンサンブルの仲間にさよならを言ってきました。長年培ってきた素敵な関係に休止符?終止符?どっちでも辛いです。もう後戻りは出来ないから前に進むのみ。来年も楽しいことがいっぱいありますように。
animaさん、
今回はお天気のせいでしょうか、クリスマスのせいでしょうか、みなさん笑顔いっぱいでよかったですね。
夫のために、と参加を決めた木曜会でしたが、実は私のためだったのだとあらためて思いました。
いつも趣向を凝らした企画でいろんなところに連れて行っていただいて、とても楽しみです。
月に一度でも大変だろうと思うのに、2回もの企画、お世話役のみなさんには感謝、感謝です。
私だけの『楽しいこと』はいっぱい持っているのですが、『夫と一緒』、というのはそれだけで難行苦行のことが多くなってきました。
そんな時、同じ思いを抱えたお仲間とご一緒できるのは嬉しいことです。
他県に住む友人たちにも羨ましがられます。
この活動がもっと広がって、お家にこもっている当事者や家族の方たちがお外に出られるようになるといいなと思います。
それには私たちが『楽しいぞ~!嬉しいぞ~!』という声を発信していくことかなと思ったりします。
marikomさん、
夫の病気が分かって以来、いろんな修羅場をくぐって来て、もう何があっても驚かないぞ~!!と何度思ったことでしょう。
ところが、夫の成長?進化?は著しく、週に一度は
『ひぇ~!!』
と、声をあげています。
いつだったか、そのナイフとフォークを上手に使って、お隣の知らない方のお皿にフォークが伸びそうになってあわてて阻止したこともあります。
知らないお店に入ったのがそもそもの間違い、そしてカウンター席に座ったのが決定的でした。
まだまだ道半ば、これからもどんな目に遭わせてもらえることか・・・
私もいろんなもの、ひとつ、ひとつ・・・手放してきました。
私はmarikomさんのように潔くないので、中途半端にぶら下がっているものもあります。
でも、元気でいれば自分にとって必要なものは必ず取り戻せると思っています。
それまで、もう少し、もう少しだけがんばろうと思います。
新しい年が良い年でありますように☆☆☆

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。