スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

雨の帰り道

2009/11/20 Fri 08:59

同じ病気のお仲間と定例の散策に出かけた。
天気予報とはうらはらに、現地に着いた頃から雨が降り出した。
雨は冷たかったけれど、雨に濡れた木々はなかなか風情があり人影もまばらで今回もゆっくりとした一日を過ごすことができた。

CAS6XYPH.jpg

今回の散策地は何度か電車を乗り換えて一時間ほどの行程だったので、乗り換え案内の示す所要時間より20分程多めに見て家を出た。それでも結局着いたのは約束の時間ぎりぎり。
どこにも寄り道していないのだけれど、やはり人ごみを避けて改札を抜けたりしていると、乗り換え案内通りにはいかない。
何をするにもだんだん時間がかかるようになっている。
次回はもう少し余裕を見て出かけよう。

CAMNCDHY.jpg

<皇帝ダリア>


そして、帰路の電車の中、夫のそわそわが始まった。
駅で電車が停まりドアが開くとそちらの方へ体が動く。
これは、きっとトイレのサイン。
昇降客の少ない小さな駅で降りて、多目的トイレへ。
用を済ませてもう一度ホームに戻った辺りから夫の様子が怪しくなってきた。
私の手を振り払い、すたすたホームを歩いて行ってしまう。
呼びかけても返事がない。私を見ない。
家まではまだ乗り換えが2回、全行程は40分くらいかかるだろう。

どうしたものかと夫の後をついて歩いているとホームの中央にガラス張りの待合室があった。
なんとか中に入って夫を閉じ込める。
夫は、檻の中のクマさんの様にうろうろ。
幸い他には人が居なかったので、私は座り、彼は自由にうろうろ。

やって来た電車は比較的空いていて夫を座らせることができた。
乗り換えまで4駅、夫はおとなしく座っていた。

ほっとしたのも束の間、乗り換え駅に着いたのに夫は立ち上がろうとしない。
恥も外聞もなく、綱引きスタイルで腕をひっぱり、力づくで引きずり下ろした。

最後の乗り換えは大きなターミナル駅で夕方のラッシュが始まっていた。

家までは、あと、ひと駅、3分。
電車が来るまで10分、人ごみの中、夫の後をついてホームを歩き回った。
ようやく到着した電車に夫の腕を抱え込むようにして乗り込み、今度は座らせないように、「次、降りるからね。」と声をかける。
わかってか、わからずか、ドアの手すりにつかまってじっとしていてくれた。
懐かしい地元駅に着いてやれやれ・・・電車のドアが開く。

夫の手が手すりから離れない!!

手すりから夫の指を一本ずつはがして、電車から飛び降りると、後ろでドアが閉まった。

セーフ!!
無事に我が家へ・・・・、
帰りつくまでにはまだ細かい障害物があったけど、まあ、なんとか・・

今回も楽しい一日でした。

\(^▽^)/

出来なくなった事 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
大変だったのですね。
今日も寒い中家族会お疲れ様でした。木曜会の帰りは小田急線で私がご主人のお隣に座ってしまってそれまでご機嫌だった鼻歌がなくなっちゃった、悪かったなぁと思っていました。寒かったから生理現象もあったのですね。いくつもの乗り換えは普通の人でも避けたいものです。まして寒い上に時間がかかってお気の毒でした。今度はもっと近場で楽しい所探しましょうね。
いつもいろいろお心遣いありがとうございます。
最近夕方になると行動が怪しくなってくるのです。
きっと一日の疲れが出てきてコントロールが効かなくなるのでしょうね。
朝は4時前から起きていることがほとんどなので、夕方は彼に取ってはもう夜なのかもしれません。
特にいろんな方とお会いした時は彼なりに気を使うらしく家族とのお出かけよりずっと混乱が激しくなります。
でも、皆さんとご一緒の時は楽しそうなので、笑顔でいられるうちは参加させていただきたいなと思っています。
よろしくお願いします。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。