視線

2009/11/26 Thu 15:27

買い物で街を歩いても、電車に乗っても、夫の鼻歌は止まない。
あくまで、鼻歌の範囲だけれどそれは周りの人の耳にも届く。
すれ違って行く人には気にならないかもしれないが、電車に乗り合わせた人たちは不審な目、好奇の目で私たちを見る。

電車の乗り降りの時、夫の手を取って必要以上に足元に気遣ってみたりする。
席が空いていれば、まず夫を座らせる。
いわゆる健常者ではないことを控えめにアピール・・・。

『ちょっとおかしい人なのかな。』

とわかると視線は離れて行く。

でも、鼻歌が出ず、普通に電車に乗っていれば特に病気のようには見えない、と思っていた。

ところが今朝、初めて電車の中で夫は席を譲られた。
電車に乗ってすぐ、夫とそんなに変わらない年恰好の男性がすっと立って、『どうぞ』と言ってくださった。

もちろん、私にではなく明らかに夫に向かって手を差し伸べている。
お礼を言って座らせていただいた。

夫を座らせて、前に立ちながら、

なんだか・・・ショック・・・。

歌も歌っていなかった。眉間に皺もほとんどない。
よろめいてもいない。
電車に乗ってすぐだし、そんなに観察してもらう時間もなかったはず。

でも夫に席を譲らなくては、と夫と同じ年頃のその男性は感じた・・。
私が思っているよりもずっと夫の病気は外に現れているのだろうか?と、思ったらなんだかショックだった。

もう、必要以上に夫を気遣う素振りを見せて、
「病気なんです。」アピールをしなくていいのかもしれない。


夫と外出する時にずっと心配だったのは、夫が場の空気を読めなくなっていること。その時の調子によってはずっと苦虫を噛み潰したような、不機嫌な顔をしている。知らない人とぶつかっても、機嫌の悪いときは露骨に嫌な表情を見せる。
「怖いお兄さん」とかに因縁でもつけられたらどうしようと心配していた。
障害者手帳を見せて、
「精神障害なんです。ごめんなさい。」
とあやまってしまおうか、はたまた、

「精神障害なんです。刺激しないでください。暴れます!!」
と脅かそうか、なんて考えていたけれど、

もう手帳をかざさなくても十分おかしな人に見えているのかも・・・

それもなんだかつらい。

そして、帰り道、私に手を引かれて「夜霧よ今夜もありがとう」を歌っていた夫は、きれいな妙齢の女性に席を譲られた。

これはしかたないかな?
(^^)


出来なくなった事 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
精神障害
こんばんは。勧めていただいた本にアルツハイマーは精神障害ではなく脳の病気と書いてありました。私もそれを強く思います。身体、知能、精神障害とは別枠で脳障害みたいなのを設けてもらいたくないですか?夏に渡米した時、今はネットで事前に入国許可を申請するのですが精神障害という欄にチェックするかどうかとっても迷いました。なぜなら犯罪暦とか不法入国暦とかの前後にチェック欄があったからです。主治医に伺ったらそういう類の精神障害ではないのでチェックしなくて良いと仰ってくださったので良かったのですが、ではなぜ精神障害者手帳なの??
癌のように癌細胞が増殖するのとはちがってもアミロイド蛋白が増え続ける完全な病気!報道ステーションで認知症にワクチン開発の光明がなんて報道していましたがまだまだ現実からは程遠く、見てがっくりでした。階段を駆け下りる前になんとかしたいものですね~。
こんにちは。
妻の場合、最初は小さい鼻歌が、だんだんと大きくなってきます。
とりあえず注意します。
認知症が進んでくると顔や目の表情で分かります。
仕方ないですが、寂しくなりますね。
直角くんのケースは、まれにあります。空間認知障害?
今日はトンボ玉をして週一回のデイに元気よく行きました。
それでは、また。
marikomさん、こんにちは
私は、「障害者」手帳という言葉がどうかな~と思うのです。
身体でも精神でもこの際、みんなまとめて福祉手帳に統一するとか・・・。
手帳の種類によって受けられるサービスが違っているのも納得できない気がします。
初めて申請した時、精神障害の手帳ではNHKの受信料は免除になりませんでした。
何故かなと思いました。
去年辺りから精神障害手帳でも免除になったことを区役所の壁のポスターを見て知りました。
受けられるサービスが変わってもお知らせはないみたいです。
経済的な援助に関しては、どの障害でも同じようにして欲しいなと思います。
新しいお薬やワクチンの開発もいろいろなされているようですが、夫には間に合わないだろうな~と半分あきらめています。
でも私の将来のために、子供たちに面倒をかけずに済むように、しっかり開発してもらいたいと思っています。
のんた2号さん、
こんにちは。
夫は見当識障害の中でも空間を把握することが特に苦手のようです。
家の中でも迷子になりますし、廊下一本道の息子の部屋へもたどりつけません。
同じ病名でもその症状はさまざまですね。
のんた2号さんの奥さまは、夫に比べたら100倍しっかりしておられます。
とんぼ玉、着けていただけて嬉しいです。
30日にグループ展の搬入があるので、今修羅場っています。
また落ち着いたら画像をアップしますので、見てください。

管理者のみに表示