スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

眼球圧迫作戦

2009/11/01 Sun 14:42

デイサービスの無い日。
朝からトイレに座るのはこれで3回目。

「はい、大きく息を吸ってぇ~、吐いてぇ~・・、そう、そう、それでは、いち、にぃ、さん、・・・・。」

「駄目だねぇ~・・。」

「困ったねぇ~。」

ふと思いついて、

「そうだ、いいことがある。前に聞いたことがあるの。眼球圧迫作戦。絶対うまくいくからやってみよう!!」

「ん??」

「はいっ、目を閉じて」

閉じた夫の目に手の平を当ててそっと押さえ込む。
よく、目が疲れた時などに使う手だ。

出ない。
もう少し強く押してみる。

と、!!!!!!

見事、大成功!!!

「やったぁ~♪」

目玉を押された夫は
「でも、ちょっとひどいよぉ~。」
と言葉では責めるけれど、顔は大笑顔。

思いつきの出任せだけど、とりあえず大成功。
よかった、よかった、
果たして、この手はまた使えるのか???



出来なくなった事 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
こんにちは。
排泄の問題は、病気の進行と共に重度化しますのでそれぞれに工夫が必要ですね。妻の場合も、特に外出先では家で出来たことが難しくなり大部分に介助が必要になってきました。今は緊張を緩和させて混乱の軽減で上手くいくことが多いです。
本人は、重症度なりに病気と常に向き合っていると思います。病気を客観的に分析して語ることは出来なくても必ず自覚はしています。不安・いらだち・怒り・恐怖・・・・様々な感情をコントロール出来なくなれば行動症状になって現れるのでしょうね。
私たちは日常の生活の中でアルツハイマー病の話題を避けることをしていません。
いつも話し合っている訳ではありませんが、時には本人の希望を聞きながらサポートのあり方を模索しています。本人の満足できる時間を少しでも提供したいと考えています。やはり難しい病気ですので対応に苦慮することも多いですが。
何度も写真を見ていますが、妻は最近の3点の作品を特に気に入っています。目を輝かせています。(こわいでーす)30日の作品は、私もとても好きです。
楽しみです。よろしく!
こんにちは。
病気について語らないことは彼の選択だったと思っています。
でも、無理にでももっといろんな話をしておくべきだったかなと思ったりもします。
過ぎた時間は戻せません。
とんぼ玉、いくつか見本を持っていきますね。
写真と実物はやはり違いますから。
お好みのものがみつかるといいのですが。
(^^)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。