スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

最強のコンビ

2009/10/22 Thu 09:46

父が友人とゴルフに出かけるので、母とお留守番するために実家へ行った。
父は朝早く家を出て、帰りは友人たちと飲み会。
デイサービスの時間内に行って帰ってくることはできない。
迷ったけれど、夫も一緒に連れて行くことにした。

前回は娘が一緒に居てくれたので、公園へ行ったり、買い物、外食もできた。
今回は私ひとりなのでどう時間を過ごそうか・・・考えたけれど、まあ予測のつかない二人が相手なので、出たとこ勝負と腹を括って家を出た。
と書きたいところだけれど、そう簡単に家を出る事はできなかった。

ここのところずっと困難を極めている『お出かけおしっこ』がやっぱりできない。
父は家を7時に出ると言っているので、私たちも同じ頃家を出て、せめて8時半頃までには実家に着きたい。

昨夜のうちから支度をして出かけるだけにしておいたのに家を出られない私のイライラが夫に伝わり、彼もどんどん混乱して行く。

「もう、ちゃんとお出かけおしっこしない子は連れて行きませんっ!!」

言えたら私の気持ちだけでもすっきりするんだろうけれど、それでは何の解決にもならない。
毎回毎回感じるジレンマ。
ダメダメ、朝からこれでは夜まで持たない、落ち着いてゆっくりゆっくり・・・・

なんとか8時前に家を出て駅に着いてその人の多さに夫の歩みが止まる。
私も忘れていた。この時間はまだ朝のラッシュでみんな早足に歩いている。いつも私たちが駅を利用する時間のゆったりさはない。
夫のきらいな自動改札も人が途切れることなく、夫はどうしてよいのかわからなくなっている。

夫はスイカを正しい位置にかざすことができないので、自動改札を通る時は彼に先に行ってもらって、私が彼の分のスイカをタッチ、次にすぐ自分の分、そして彼の後を追う。
でも彼はいつも私の後をついてくるので、私の前を歩くと指針がなくなり立ち止まってしまう。
そんな時、そっと背中を押して方向を示すのだけれど、押す力が強すぎると機嫌を損ねて動かなくなってしまう。
こんな混んでる時間にそんな目にあうのはごめんだ。

私が先にたち夫の手をしっかり握って、スイカをパ・パンと2枚タッチして一緒に通り抜けた。
なんで電車に乗るだけで、こんなに緊張しなくちゃならないのか、まったくぅ~。

ラッシュ時、下り電車の連絡は悪く、いつもより余計に時間がかかって実家にたどり着いた。

やれやれ。

20091023103129.jpg


玄関の鍵を開けて中へ入ると、カーテンも開けず薄暗いままのリビングで母はクッションを抱いてソファに座っていた。
TVがついている訳でもないのに、私たちが入って行った物音にも気付かない母。
驚かさないように、「おはよう♪」と声をかける。
母の表情が動くまでちょっと間があったけれど、それでも私を認めて笑顔になった。

外はこんなに良いお天気なのに、厳重に鍵のかかった家でお庭に出ることも許されずひとりポツンと無表情に座る母の姿が目に焼きついて、私はまたこの光景を思い出すたびに涙するんだわ、と思った瞬間、

「きゃぁ~来てくれたの??嬉しい~!」と、母の終わりのないマシンガントークが始まった。

昔夫が初めて家に来た時、母が夢中になっていた「ルービックキューブ」を夫があっという間に揃えてしまったのを見てから、夫は母のお気に入りになっている。

夫をみつけて母はあれこれとりとめのない話を聞かせている。
夫は笑顔で相槌を打ちながら母の相手をしている。

傍からみると昔どおりの平和な光景・・・

話の内容さえ気にしなけりゃね。


同じ病気の仲間 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。