スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

学習の成果

2009/03/29 Sun 22:04

まだ暗い夜明け前、娘の声が聞こえた。

『パパぁ・・・・開けてもいい・・・・?』

娘が私のところへやって来て、
『パパがトイレを占拠してるんだけど、開けても大丈夫?』
『大丈夫じゃない?きっとトイレットペーパー畳んで遊んでるだけよ。』
『わかった。』
と戻って行った。


とまた娘の声が、

『座ってする?・・・立つ?』

娘が夫の排泄介助をしているらしい・・・?

これは大変、遊んでるんじゃなかったのね~、と思いつつも目が覚めずにぐずぐずしていると

娘が、
『パンツ、パンツ、そうよね、私、デリカシィがなかったわ~。』とやって来て箪笥から夫の下着を出して戻って行った。

これはどうもただのお手伝いだけではなさそう。
えいやっと起きて、様子を見に行った。


夫はパジャマを着たままトイレの床でおしっこをしてしまったらしい。自分で片付けようと濡れた服を脱いでいた。娘と交代して着替えさせて片付けた。

それにしても娘はよく叫ばなかったものだ。

『えらかったね~、びっくりしたでしょ。』と褒めると、『半分寝てただけよ。』と笑った。


前の日デイサービスの迎えに行ってくれた娘は玄関を入った途端に回れ右をして出て行く夫に思わず
『え~!!?何処行くのぉ~!!??』と大声を出してしまった。

非難されたと感じた夫は機嫌を損ね、しばらく不穏な空気が流れた。
 
夫が何か間違った行動をした時は危険でない限りはそのまま受けて、ゆっくり方向を修正すれば、ややこしい目に会わずに済む。
娘にそう話したばかりだった。
 
ちゃんと学習して対処できたようだ。
ほんとにえらかったね、ご苦労様。
出来なくなった事 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。