スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ひとりでお出かけ

2009/03/13 Fri 10:16

夕方、デイから帰ってきた夫と家に入るとすぐ、電話がなった。
仕事の電話で、ほんの3分ほど話して切った。
振り返ると夫が居ない。今、後ろに居たはずなのに。
靴がない。外へ出てしまったのだ。

携帯を掴んで飛び出した。耳をすますけれど、靴音は聞こえない。
階段、廊下、エントランスと見て表の通りへ出た。
見渡す限りでは夫の姿はない。

これは一旦戻って態勢を整えなくては、とエントランスへ来て気付いた。
鍵を持っていない。
オートロックに住んで13年、鍵を持たずに外へ出たのは初めてだ。
自動扉の前でチャイムを鳴らすか電話で息子を呼ぶか考えていたら、なんと扉の向うに夫の姿が!!!

『きゃぁ~パパぁ~ こっち、こっち、ドア開けて~』

両手を挙げて飛び跳ねた。
私を見つけて夫がこちらへやって来た。
自動扉が開いて、めでたくご対面。

ほんの5分程だったけれど、建物の中をお散歩してきたらしい。
素直に帰ってくれるか心配だったけれど、『鍵を忘れて締め出されたまぬけな妻を救い出した』という図に満足したらしく素直に戻ってくれた。
やれやれ。
ここのところ、ひとりで出てしまうことがなかったので油断した。
気をつけなくては。




出来なくなった事 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示
« 布団が敷けた | HOME | 感謝 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。