スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
高額介護(介護予防)サービス費についてという封書が2通、区の保険年金課から届いた。

確定申告の時期なので、何かその関係の書類かなと開けてみたら、なんと払い戻しのお知らせだった!!!!

デイサービスを利用して支払った自己負担額が一定額を超えると、その超えた額がサービス費として払い戻されるという。

知らなかった・・。

11月から介護度が上がってひと月に利用できる上限は上がったけれど、その代わり一回当たりのデイサービス利用料も増えた。
一回当たりの利用料が上がり、利用回数も増やしたので、かかる費用も当然増えていた。それで、11月支払い分からひと月の一定額を超え、お知らせが届いたという訳である。

一定額を超えた金額が戻ってくるだけなので、そんなに対した額が戻ってくる訳ではないけれど、これを逆に考えると、どんなにサービスを利用してもこの一定額以上は払わなくていい、ということだろうか?
介護度を上げる申請をした時、ケアマネさんがどの介護度なら月に何回デイサービスに行けるか、いろいろ計算してくれたけど、介護度が低くても、この一定額を支払うつもりになれば、どれだけ利用して額が増えても問題なかったということにはならないだろうか?

介護保険を受ける時の小冊子は読んだつもりだったけれど、見落としたようだ。
払い戻しを受けるのは万々歳で大喜びだけれど、通知が来るまで知らなかったということが自分自身ちょっと不満。介護保険を使う利用者として、もっと前に知っておくべき事項だったように思う。


公的援助・福祉制度 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
私の場合は身障者でかつ高齢者なので時たま市役所の福祉課の前にあるお知らせ用の冊子用スタンドを探してます。そして薬にたつことの冊子を持ち帰り読んでますが翌日には忘れてます。
知っていないと損をすることは多いですね。
この「高額介護(介護予防)サービス費の払い戻し」というのは全く知らなかったので、驚きました。
我が家では子供たちがまだ学生なので、払い戻しを受けられますが、誰かが就職するとまた条件が変わってくるようです。
いろんな福祉制度があって、それを利用できるのはあり難いことだと思いますが、いろいろ細かい線引きがあって、時々何がなんだかわからなくります。
更新手続きもそれぞればらばらだし、書類を揃えて書き込んだり管理するだけで疲れ果てます。なんとかならないかしらといつも思います。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。