スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

さて、

2009/02/26 Thu 11:25

朝一番、台所の床に丸めた靴下を発見。
濡れている・・・。
さっきトイレに行ったけれど、何事もなかった・・。
いや?一晩中点けてあるはずの電気が消えていた・・?

洗面所へ、・・・床に大きな水溜りが・・・・。

大丈夫、こんな時のために古いタオルやシャツを山のように持っている。

夫は鼻唄を歌いながら、私の作業を見守ってくれた。

「パパ、ここでおしっこしたの?」
 
「わからない・・。」


夫は夕食を済ますとすぐにうつらうつらしてしまい、なんとかがんばって起こしておくのだが、9時には寝てしまう。
当然朝は早く目が覚める。でも、私を起こしたりはせず、おとなしく?家の中を歩き回っている。と言っても狭い家なので、リビングとトイレくらいしか居場所はない。
何度もトイレのドアを開けたり閉めたり、リビングに戻ったり、時間を過ごしている。

昨夜もトイレの電気は点いていたはずなので、きっと自分で消してしまったのだろう。窓のないトイレは灯りを消すと真っ暗になってしまう。洗面所は小さいけれど窓があるので、夜中でも少し灯りが入る。
真っ暗な中、この灯りに誘われてしまったのに違いない。

トイレを探して洗面所のシンクに構えたところを危うく連れ戻すことが最近あるので、洗面所のドアを閉めておいた方がいいかしらと子供たちと話ていたところだ。
でも・・・洗面所の床でよかったかもしれない。
リビングも廊下も絨毯なので、こちらは掃除がやっかいかも。

さて、掃除用具は古布の他に何を揃えればいいだろう?
そして、そろそろ夜中も夫について行かなくてはならない時期が来たようだ。
危うし私の睡眠時間。



出来なくなった事 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
若年性デイは卒業されたのですね。
本人がストレスを感じて楽しめなくなったら仕方ないですものね。
一人一人の重症度や性格に合わせた個別対応をしてくれて介護保険が使えるデイがあればと思っています。
もう一つのデイは、少しは楽しまれているのですか?
親父もADで姉が介護していました。姉は仕事をしていましたので夜のトイレ誘導は大変だったようです。夜は2~3回の誘導で、慢性睡眠不足で体調を崩してしまいました。
工夫も色々でしょうが、介護する人が病気になったら大変です。
No title
はい、あきらめました。
若年性デイについては子供たちの思いが強く、なんとか夫の気持ちをごまかしてきましたが、このところの夫の様子を見て限界を感じました。
幸い近所のデイには機嫌良く通ってくれていますので、そちらにお願いします。
遠いデイへの送り迎えがなくなったと思ったら、夜中のトイレ送迎の始まりです。
こちらも夜更かしの子供たちの手が借りられるかな・・・と期待しているのですが、どうなりますことやら。
奥様と作られたビーズのアクセサリー拝見しました。とっても素敵ですね。ターコイズブルーが鮮やかで、春のシンプルなシャツと合いそうです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。