スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

身障者用のトイレ

2009/02/22 Sun 20:55

電車の中で夫がトイレに行きたくなった。
さっき、電車に乗る前に「大丈夫?」と確かめたのに・・。

目的地までまだしばらくあったので、途中の駅で降りることにした。
この私鉄沿線の駅には必ず身障者用のトイレがあるので心配はなかった。

ホームを登って改札口の近くにトイレのマークを見つけた。
身障者用のマークもある。

行ってみると、身障者用のトイレは2つあって、男性用、あるいは女性用のトイレに入らなければ使えない。
入ってすぐの所にあるとはいえ、どちらにしても入りにくいことは間違いない。
結局女性用のトイレに夫を連れて入った。

身障者用のトイレが2箇所設備されているのはありがたいけれど、(使用中のことがけっこうある。)介護者が異性の場合もあることを考えて欲しい。
公的援助・福祉制度 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
初めてコメントいたします
初めまして、少佐と申します。
少し前から、nobiさんのご家族が心をひとつにして、ご主人を支えていらっしゃるご様子を胸を熱くして拝見しておりました。
自分も、夫と友人たちに支えられていることを改めて実感します。(自分は強迫性障害です)
いつも何かコメントをと思いながらも、なかなか出来ずにおりました。
言葉に失礼がありましたら、お許しください。
身障者用トイレは、強迫性障害を理由にときどき使わせてもらっていますが、本当に必要な方のために、自分は使うべきではないと反省しました。
もしよろしければ、これからも、影ながら応援させてください。
少佐さん、初めまして。
こんな辺鄙なページをみつけて下さってありがとうございます。優しいコメントも嬉しく読ませて戴きました。
少佐さんご自身も病気と共に暮らしておられるとの事、いろいろな不自由がおありだろうとお察し致します。
ブログの本文ではふれませんが、娘も心が沈みがちで薬を服用しています。
心の痛みは数値で表すこともできませんし、湿布や包帯を使うこともできません。その辛さはなかなか回りには伝わりにくく、いっそう本人はつらい思いをするようです。
急かせないようにゆるゆると向き合っています。
少佐さんもどうぞご自分を大切になさって下さい。
身障者用のトイレはバンバン使って構わないと思いますよ。せっかっくの設備ですもの、活用しなくては。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。