スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

介護認定のインタビュー

2008/11/17 Mon 16:43

夫の介護認定で区役所の人がやって来た。
「介護認定のインタビューに人が来る、」と前もって知らせると夫はその事が気になって混乱してしまいそうなので、約束の1時間くらい前に
『介護認定に区役所から話を聞きに人が来るから、よろしくね。」と話した。

何が『よろしく』!?って、ほんとうは「介護度を上げたいので、その辺りのことよろしく含んで、受け答えをしてください。」という事なのだけれど、そんな事を夫に話しても『よろしく』振舞ってくれるはずもなく、まあ、成り行きに任せることに。
ところが「人が会いに来る」ということで、緊張からか夫は不機嫌モードの顔になってしまった。うつ状態の時のように難しい顔をしてじっと黙っている。返事もしない。
あれ?これはもしかしたらラッキーかも?!なんて思っているうちに約束の時間。

区役所からやって来たのは去年と同じ若い女性だった。
彼女がリビングに入ってきて挨拶した途端になんと夫は笑顔になっていた。
そして始まった質問に、出来ないこともみんな出来ると答えていた。
去年よりもずっと上手に受け答えして、インタビューは無事??終了。

いまだ、若いお姉さんの前では『ええかっこしぃ』なのに思わず笑ってしまった。


公的援助・福祉制度 | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
こんにちは。
どこの市町村も財政難ですので、中高年の男性に「若い女性」の調査員は作戦かも。
我が家に来る調査員は、若い女性ではありません。
介護認定は1のままで、上げてくれません。つ
障害者手帳や年金は1級になりましたが・・・。
中高年の男性は、若い女性の前では『ええかっこしぃ』です。
私は、風邪てダウン中です。長引いています。
料理だけで精一杯で、他の用事が何も出来ません。
お手伝いさんが必要です。
今年の風邪には、お気をつけ下さい。
昨晩は、妻と二人で
ETV特集「長すぎる休日~若年認知症を生きる~」
を見ました。
失礼しました。
上記のコメントは「のんた2号」でした。
「つ」は誤植です。
のんた2号さん、こんにちは。
お風邪の具合はいかがですか?
我が家でも娘と息子が先週一週間風邪でぐずぐずしていました。
若者向けの風邪だったらしく、私と夫は無事でした。
どうぞ無理をしないように大切になさってください。
それにしても、介護者の体調が悪い時だけでも、家事を助けてくれるヘルパーさんに介護保険を使えたらいいのにと思います。
仕事が詰まって毎日出かけなくてはならない時は私もお手伝いさんが欲しいと思います。
でも介護保険は使いにくくなるばかりのようですね。ため息です。
奥様は障害者手帳と年金は一級ですか?!
私の夫よりよっぽどしっかりしておられるようにお見受けします。
手帳はあまり使うところがありませんが、年金は我が家では収入の柱なので、ぜひ一級が欲しいものです。
現在は2級です。
来年の秋にまた診断書を出すようなので、期待します。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。