スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

またひとつ

2008/09/15 Mon 13:58

朝、デイサービスの迎えの時間が40分程遅くなると電話があった。
しばらく時間があるので朝の片付けを続けていると夫の気配がない。
すでに玄関で靴を履いていた。

今日のお迎えは少し遅くなるという電話だったと話たのだけれど、お出かけスイッチが入ってしまったらしい。
一度出かけるつもりで靴を履いてしまうと脱ぐのが難しい。

『そうだ、お薬まだ飲んでないでしょ。飲みましょう。』
『そうだね。』

動かない。玄関で飲むつもりらしい。

『お茶飲んでから出かけませんか?日本茶入れます。』
『ありがとう。』

動かない。今日は手強いぞ。
40分も外に出ないように玄関に立って引き止めるのはつらい。
力づくって訳にも行かないし。

こんな時は何か頼みごとをするのがいい。

何かないかな~と考える。
最近はできる事が少なくなって、何を頼んだらよいのやら・・・

重いものを持つか、高いところの物を取ってもらうか・・。

結局和室の天袋を閉めてもらうことにした。

『出かける前にちょっと手伝ってもらえますか?天袋に届かないの。』
『しょうがないな~。』

と渋々靴を脱いで和室にやって来た。
やれやれと、天袋を指差す。

夫は上に手を伸ばしてはみたものの、天袋をどうやって閉めたらよいのかわからなかった。

う~ん・・・またひとつ。
出来なくなった事 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。