病状の変化と支援

2016/03/22 Tue 15:14

あっと言う間に日が過ぎる。
もう桜の便りが聞かれる季節になった。
そして前回ブログを書いてから早ひと月。

(一月ブログを更新しないとブログのてっぺんに広告が出てしまう。)
ば~ぁん!と出てしまった広告を見るといつも考える。
そろそろブログを閉める時期かな~、
ガラスのページと一緒にしてしまおうかな~、迷う。

夫が健在?の時は書きたいことがたくさんあった。
夫が亡くなった今も忘れてしまわないうちに書いておきたいことはまだザクザクある。
でもPCの前に座ってもなかなかこのページを開くことが出来ない。
かつてのような書きたい!気持ちが薄れてしまったようだ。

国民年金の法定免除についても続きをupしなくちゃと思いつつ。
なんだか記憶も遠のいて、正確にあったことを書ける気がしなくなっていた。

そんな時、久しぶりに若年性アルツハイマーの介護体験をお話しする機会を得た。
みなさん、熱心に聞いて下さった。
現場の方々の熱い気持ちが伝わって来た。

夫の介護は終わったけれど、まださ中の方は沢山おられる。
私の持っている情報がお役に立てることがあるかもしれない。
もう少し、頑張って書いて行こうと思う。

  夫の病状の変化とそれに伴って利用した援助をまとめた資料です。
    何かの参考になればとアップしてみます。

 病状の変化と支援


マルックス

<土佐犬のぬいぐるみと一緒にカドラーに納まるむぎ、ちょっと迷惑そう。>


認知症家族の思い | コメント(3) | トラックバック(0)
 | HOME |