奇跡!!2015

2015/02/18 Wed 10:23

インフルエンザでの『面会ご遠慮ください。』が解けて、ほぼ20日ぶりに夫の部屋へ行った。
午後のお昼寝の時間、夫はベッドで体を休めていた。

『パパ、来たよぉ~。
  久しぶりぃ~~。
    nobiさん、来たよ!!』

夫の目が開いた。
おっ?
これは珍しい。

『ほら、nobiちゃんだよ、来たよ。』

夫の顔を覗き込む。

夫の目は私を捉えてないけれど、表情がゆっくり動いて行く。

えっ?笑おうとしてる?
笑ってる?

『パパ、わかるの?nobiさん、わかるの?』

夫の表情はふわぁ~っと緩んで、泣いてるようにも見えるけど、でもこれは笑ってるに違いない。
大喜びの私は思わず夫の手を取った。

いつもなら冷たい私の手に驚いて手をひっこめたり、顔をしかめたりする夫、
何と!今日はぎゅっと私の手を握りこんだ。
夫の大きな暖かい手に彼の意思を感じた。


前回来た時は反応が薄く、目もずっと閉じたまま。
余りの無反応ぶりに、
『もう、帰っちゃうよ。いいの?』と言ったら、
いいよ。』 と返って来て、
なんてこったい、と笑うしかなく、帰って来たというのに。


『嬉しい?』

うん。』

『そっか、そう言われちゃ、しょうがない。
パパが居ない間にあったこと、話してあげるね、
まず、一番大きなニュースは~・・#&%$’=@~~~・・』

夫の目はずっと開いている。
視線はもうひとつ定まらないけれど、時々は私の顔も見えているのだと思う。

折角目を開いているので、壁の写真を外して夫の目の前に持って来た。

『ほら、これがふぅちゃん、こっちはNくん。見えてる?』

うん。』

『これはお父さま、あなたのお父さん。Y郎さん。わかる?』

今では夫がそっくりになってしまった、彼の父親の写真を示すと、

そう、そう、そう、そう、そう。』

そう言って、夫ははっきりと頷いた。

『わぁ~凄い、もう、これは奇跡というしかないね~。』

と言う訳で2015年最初の奇跡のご報告。
(*^^*)

出来なくなった事 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME |