新しい年に

2015/01/07 Wed 10:34

遅ればせながら、
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

あっと言うまに2014年が過ぎさって、新しい年を迎えて、もう一週間が経ってしまった。
夫の居ない2回目のお正月だった。
去年のお正月は夫が入所して一月足らず、
夫が居ないことに慣れなくて、お膳を4つ用意しては、あっ、三つでいいんだ、と落ち込んだ。
今年はさすがに『3』という数字に慣れたけれど、それでも家族で祝うお正月に夫の不在は寂しい。
もう、一年も経つんだとも思うし、まだ一年・・・とも。

去年暮れに、クリスマスの飾りを外し、空いた夫の部屋の壁に写真を沢山貼って来た。
夫に見えているのかはわからない。
でも写真を話題に職員さんに話しかけて貰えたらいいなと思う。

fami.jpg

去年の10月、夫は若年性アルツハイマー型認知症を診断と受けてから10年の節目を迎えた。
12月、特養に入所して一年が経った。
色々思うことはあったけれど、言葉にまとめることが出来なかった。

新しい年に思うことは沢山あるけれど、今年も無理せずやって行こう・・・。
いやいや、そろそろ自分を一番に走り出してもいい頃・・かな・・。
でも、それには・・・降ろせない荷が・・・
自分自身どうしたいのか、心が定まらない。


でも、今年は決断の年になるだろう、きっと。



認知症家族の思い | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME |