昨日、夫は施設の近くにある総合病院に入院した。
お医者さまに心配な状況ではないと説明を受けていることをまずはお知らせしたい。
施設から毎日点滴に通うのは大変なので、入院して治療をするのがよいだろう、とのこと。
蜂窩織炎の他に熱の原因があってはいけないので、血液検査やCTなど内科の検査もして他には心配な点がないこともわかっている。

病名は『蜂窩織炎』聞きなれない言葉だけれど、
要は、皮膚の感染症で炎症による発熱や痛みが伴う。

夫の場合は両腕が炎症を起こしていている。
お医者さまは、今日、明日中には熱が下がるだろうと言われるけれど、
結婚して以来夫が熱を出したという記憶がないくらい元気な人だったので、
本人も体も高熱にびっくりしている様子。
目を閉じて口呼吸、辛そうだ。

一昨日、施設に駆けつけた時は娘の声に反応して薄っすら目を開けたし、何より、でっかいゼリーを2カップ完食したので余り心配をしていなかった。
昨日は、一日病院のあちこちの科で検査を受けて、やっと入院ベッドにたどり着いた所で会ったのでほとんど反応はなかった。
それでもうるさく声をかけたら、少し首を動かし、声も出してくれた。
今日、夕方行ったらきっともう少し元気になっているはず。

tonnbodama140708a.jpg

一昨日、私は実家に居てすぐには動けなかった。
施設の看護師さんが付き添って日曜日の緊急外来に連れて行って下さり、細かな報告をして下さった。
昨日は朝から仕事で抜けられなかったけれど、夕方私が病院に到着するまで、看護師さん、相談員さんが付き添って対応していただいた。
入院セットも用意して下さり、私の仕事は家族としての書類記入だけ。
安心してお任せできる施設とスタッフのみなさんに感謝、感謝、感謝。
原因・治療・サプリメント | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME |