スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
先日、県の企画で若年性認知症が取り上げられ、そこで私の体験をお話しする機会があった。
夫の病気の進行、伴う家族の気持ち、支援制度に望むこと等、この10年に体験し感じたことを聞いていただいた。

10年前夫が若年性アルツハイマーという病に倒れるまで、私は福祉についての何の知識もなかった。
家族の会で教えられ、病状に合わせてひとつひとつ手続きをして来た。
それでも、当然受けられるはずの援助が受けられず残念な思いを山ほどした。

それを振り返って

『介護支援コンシェルジュ』があったら、どんなに楽だっただろうと思う。

若くして思いもかけない病気になり人生設計が根底から崩れてしまった人たちにそれぞれの局面で利用できる支援を、適切にアドヴァイスをしてくれる人、またはシステムがあったらいいのにとずっと考えて来た。

公的な支援はたくさんあるけれど、どれも申請手続きをしなければ利用できない。
制度を利用するためには、どんな時にどんな支援が受けられるのか知らなければならない。
でも介護家族には時間がない。
心の余裕もない。

また、家族の状況によって受けられる援助も、必要な援助も違って来る。
奥様が病気なのか、ご主人が病気なのかによっても抱える困難は変わってくるだろう。

そんな時に、それぞれの当事者の病状、家族の状況に添った支援について熟知している人がサポーターとして居てくれたらどんなにいいだろう。

 ~介護コンシェルジュが居たらなぁ~
 
  ずっと思って来たことをお話しした。






そう、そして思い出した。
国民年金の法定免除を受けられなかったこと。
同じ病気の友人は障害年金申請時に窓口で法定免除の書類も一緒に貰って同時に手続きをしたと聞いた。
私は、同じ案件で窓口に行っているのに同じ情報を得られなかった。
私の体験。
これももうひとつの『てめこのやろ事件』だと思う。

    ~素晴らしく前向きなコメント~


スポンサーサイト
公的援助・福祉制度 | コメント(10) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。