スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

一気になんて進まないよ

2014/02/20 Thu 11:38

夫は施設の広いリビングで穏やかに座っている。
会いに行っても最初は反応がない。
声をかけながら車椅子を押して彼の部屋に戻る。

部屋に落ち着くとまず、娘が作ってくれたココナッツオイルファッジを夫の口に放り込む。
15分か20分すると彼の目が動き出して表情が戻って来る、
                     と私は思っている。
ココナッツオイルとは関係なく、彼の脳の伝達速度では、私を思い出すのにそれくらいの時間が必要なだけかもしれない。
いずれにしても、夫の表情は和らぐ。

そして、CDをかけながらあれこれ娘や息子のこと、家のこと、一方的に話す。

時々、

『ねぇ、パパ、これどうすればいいと思う?』言ってみる。

すると、これも時々、

『それほむにゃ$&#やら@&!!*てふ+&・・・』

と答えてくれる。

最初の頃は、『えっ?なに?もういっぺん言って!』
と迫ったけれど、せんないことを学んだので、

『そっか、なるほど、そうしよう。』と返す。

ゆるぅ~い時間が過ぎて行く。

夫の反応は私一人よりも娘と一緒の方がずっといい。
声も聞かせてくれるし、笑顔も見せてくれる。
娘と私のたわいないおしゃべりがきっと彼にとって心地よいのだろうと思う。

この間は、私と娘が話して笑っているところへ、

 夫が

『$#&‘*+・・』と割り込んで来た。

『え?、パパ何?何て言ったの?何かしゃべってみて、』と娘。

すると、はっきり、

『いいよ。』
と夫の声が聞こえた。

もちろん娘も私も夫の意味の合う言葉におおはしゃぎ。
それを見た夫も大笑顔。


施設に入ると病状が一気に進むとよく言われるけれど、夫にはあまり変化を感じない。
すっかり車椅子生活だし、一人で立つこともできない。
でも、歩けない状態になってしまったから入所せざるえなかった訳なので、この点は仕方ない。

でも、一緒に過ごす時間の反応は変わらない。
もしかしたら彼の中ではまだショートステイ中なのかもしれない。
まだ入所した訳じゃなくて、いずれお家に帰るつもり。
だから、症状が一気に進む、なんてことは無い。

これは、

『夫を送り出す最後の夜、最後の朝』の儀式をスキップしたせいかもしれない。

うん、そう思っておこう。

sagamiono142_20140128223521573.jpg


スポンサーサイト
特別養護老人ホーム | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。