スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ご飯食べてない・・・

2010/04/29 Thu 17:20

朝、息子が起きて来た。
息子の前に朝食を並べる。
トーストは2枚。

夫と私は6時過ぎ、すでに朝食を済ませている。

台所から紅茶を持って戻ると夫が息子の隣に立ち、息子のトーストを一枚持っていた。

『どうしようか?』と、息子の目が私に聞いている。


 トースト3枚目・・・まあ、いいか、8枚切りだったし。

息子には、『もう一枚焼いてくるね。』と言い、夫のためのお皿を用意した。

トーストを持った夫を自分の席に誘導して座らせ、今日、2度目の朝食。




診断を受けて一年ほど経った頃だったと思う。
やはり後から起きてきた息子がトーストを食べていると、

  『僕ももらおうかな。』

と夫が言った。
休日だったと思うから、たぶん夫が朝食を食べてから1,2時間は経っていたかもしれない。
そうは言ってもまだ10時前。
娘と息子もぎょっとして空気が凍りついた。

不意を衝かれた私は
『え~!!さっき食べたでしょ。』と言ってしまい、ますます空気が重くなる。

『あっそうか~。あはは。』と夫が受け流してくれて、みんなの緊張が解けほっとしたのを覚えている。

よくドラマなどで認知症の人を描くのに、『ご飯を食べたことを忘れる』というエピソードが使われる。
でも、それがそのまま自分たちの身に起こるなんて思ってもいなかった。
まだ、まだ初期の頃の思い出。


病気は確実に進んでいる。

いつからかもう思い出せないけれど、夫には食卓の定位置がない。
どこでも座ったところが彼の場所。

どこでもお皿が置かれた所が自分の場所。
好物は隣のお皿にあっても箸を延ばす。
お皿とテーブルの区別がつかず、食べ物を直にテーブルに置いてしまう・・・。
家族が揃うまで待って、いただきます、をすることもできない。
置かれたお皿から手を延ばして行く。

でも、彼にお行儀を求めることはもう辞めた。
あれこれ言っても彼には何故否定されるのか理解できず、ストレスを与えるだけ。
できるだけ、平和に暮らしたい。

201004261144000.jpg




スポンサーサイト
出来なくなった事 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。